ヤフー、第1類医薬品を含む一般用医薬品のネット販売での取扱い拡大へ準備

写真拡大

Yahoo! JAPANを運営するヤフーは11日、2009年6月に施行された一般用医薬品の第1類医薬品および第2類医薬品の通信販売を規制する厚生労働省令に関して、医薬品販売事業者より提起されていた訴訟(医薬品ネット販売の権利確認請求、および違憲・違法省令無効確認・取消請求)の原告勝訴が確定したことに伴い、Yahoo!ショッピングの医薬品販売ストアにおける第1類医薬品を含めた一般用医薬品の取扱い拡大に向けた準備を開始すると発表した。

Yahoo!ショッピングでは、第1類医薬品に限らず、これまでの第3類および一定の条件下における第2類医薬品を含めた一般用医薬品について、「ストアが医薬品の情報提供など薬事法に則った適正な取扱いを実施するよう推進していく」。

Yahoo! JAPANはインターネットショッピングモール事業者として、実際に医薬品の通信販売を手がける通信販売事業者や関係団体とも連携しながら、「安全な販売環境の整備と国民の健康維持のための努力を続けていく」としている。