写真は、「Ninja 250 スペシャルエディション」

写真拡大

川崎重工は2013年2月1日、スポーツモデル「Ninja」シリーズの250ccバイク「Ninja 250」と、特別色を施した「Ninja 250 スペシャルエディション」を発売する。メーカー希望小売価格は、「Ninja 250」が53万8000円、「Ninja 250スペシャルエディション」が55万3000円。

ABS標準装備モデルも

「積極的にスポーツライディングを楽しみたい」というアクティブなライダーの要望に応えた、オールラウンドなスポーツモデルだ。

高い剛性を持つコンパクトなダイヤモンド構造の鋼管フレームを採用したほか、エンジンは軽量かつコンパクトな水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブエンジンを搭載し、低中速回転域の力強さと高速回転域でのシャープさを両立させた。

フロントには外径290ミリ、リヤには外径220ミリのペタル(花弁)ディスクを組み合わせた前後ディスクブレーキを採用する。

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準装備した「Ninja 250 ABS スペシャルエディション」も2月15日に発売する。こちらのメーカー希望小売価格は、60万3000円。