画面タッチで自在操作

写真拡大

パイオニアは2013年1月下旬、カーナビゲーション「楽ナビ」シリーズから、地上デジタル放送(12セグ)に対応した「AVIC-MRZ09II」(2Dメインユニットタイプ)を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は11万円前後とみられる。

「7V型ワイドVGA画面」採用

過去の渋滞情報を分析した、大型連休や季節、曜日など約30パターンの渋滞予測データ(約33万キロ)を収録しているので、道路状況に則したルートや目的地までの所要時間を算出し、目的地により早く到着できるルートを提案する。データを5分の1以下に圧縮する独自の圧縮データフォーマット「L-format」の採用により、詳細市街地図件数など、「HDDナビに匹敵する」データの収録を実現した。

また、LEDバックライトを採用した7V型ワイドの大画面を搭載し、画面にタッチするだけで自在に選択や地図スクロールが行えるほか、画面や音声に従い自分が使いやすいように設定できる「マイセットアップ」機能を搭載する。「4チューナー×4アンテナ」地上デジタルテレビチューナーを内蔵し、12セグ/ワンセグともに安定した受信が可能となった。