今やどんな情報でもインターネットを通じて無料、または安価で手に入れることが当たり前の時代になった。しかし、誰もが喉から手が出るほど欲しい「お金になる情報」となれば話は別だ。投資の達人はそれなりの対価を支払った、限られたメンバーに対してだけ、とっておきの情報を発信している。今回、国際金融コンサルタント、菅下清廣氏の協力を得て、その一部を読者に特別公開する。

 * * *
 私は、タイムリーな資産運用情報は講演会や季刊で出している経済・投資情報CD『スガシタレポート』で発信しています。今回はそのレポートの内容を一部、特別に公開します。

 1月半ば現在、日本株の上昇波はトヨタやメガバンクなど国際優良銘柄が中心です。デフレ不況で売られすぎた銘柄の修正相場で、すでに値上がりしているので今後は高値警戒が出るでしょう。

 これから大きな上昇波になると予測されるのは情報通信、インターネット、SNS、ソーシャルアプリ関連などの新成長企業です。それら新興市場銘柄は『スガシタレポート』のなかで「底力企業特集」として毎回10銘柄程度取り上げています。

 新興市場の魅力は大企業にない業績変化率の大きさです。たとえば、ヤフー株を1997年の上場当時に1株70万円で買った投資家は、今では約3億円の資産を築いたことになります。

 しかし、新興市場にはそのようなお宝銘柄がある一方で、ハイリスク・ハイリターンなので、経験の少ない一般投資家には難しい投資先ともいえます。そこで新興市場を長年見続けてきたプロの視点は参考になるはずです。

 私は特に今年はIPO(新規上場)銘柄にチャンスが大きいと見ています。たとえば、昨秋の『スガシタレポート』では昨年7月東証マザーズ上場の「エニグモ」を紹介しました。レポート収録日(8月22日)に株価3505円だったのが、2か月後には7220円と上昇率105%でした。

 今回は特別にIPO直後の有望新興市場銘柄を5つ選んだので紹介しましょう(括弧内は証券コード、すべて東証マザーズ上場)。

●ユーグレナ(2931)
●コロプラ(3665)
●モバイルクリエイト(3669)
●地盤ネット(6072)
●APカンパニー(3175)

 さらに今年はサントリー食品インターナショナルや西武、リクルートなど大型の上場案件が目白押しです。上場後に高値を付けた後に一度値下がりし、再び上昇して高値を更新した時が狙い目といえるでしょう。チャート分析による投資法は次号の『スガシタレポート』で詳しく解説します。

※週刊ポスト2013年1月25日号