【アニメ】「琴浦さん」第1話「マインド・リード!」(ネタばれ注意)

写真拡大

●琴浦さんと真鍋くん

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
(C)えのきづ/マイクロマガジン社・「翠ヶ丘高校ESP研・後援会」

TVアニメ「琴浦さん」がTOKYO MXその他にて放映されています。

<キャスト>
琴浦春香:金元寿子
真鍋義久:福島潤
御舟百合子:花澤香菜
森谷ヒヨリ:久保ユリカ
室戸大智:下野紘

●ストーリー
翠ヶ丘高校に転校してきた琴浦春香は、一見、普通の女子高生だが、実は人の心を読めてしまう能力の持ち主。
その能力のため幼い頃から辛い経験を繰り返し、心を閉ざして周囲から距離を置いていたが、クラスで隣の席になった真鍋義久との出会いがきっかけとなり、彼のエッチな妄想に振り回されながらも徐々に心を開いていく。
やがて、その力に目をつけた御舟百合子によってなりゆきから彼女が部長を務めるESP研究会に入部することになるのだが…
●人の心が読める少女
琴浦春香は幼少の頃から人の心が読める少女だったようです。はじめの頃こそ勘が鋭い少女と思われていたのですが、友達や両親の心を読み、それが他人から見て読まれたくない事だった事が災いして次第に疎遠になっていきます。

その結果、両親は離婚(彼女だけが原因ではありませんが)し、母親は家を出ていき彼女は祖父・琴浦善三に育てられる事になります。

彼女は小学校入学以降、彼女の能力に気付いた友達や教師からも疎遠になります。その後、転校しますがそこでも彼女は孤立してしまいますが…。
●真鍋君との出会い
琴浦春香は転校先の高校においても、教師からはその能力について既に知られているため最初から疎まれ、彼女自身もクラスメイトとは距離を置くようにしていました。真鍋義久に対しても同じ対応をしようと考えていたのですが…。

彼の考えている事が支離滅裂ゆえ、彼女にとって逆に新鮮かつ安心だったようです。
●真鍋くんの積極アプローチ!
とりあえず琴浦さんに話しかけてくるクラスメイトは社交辞令としての挨拶なのが彼女にはわかっており、素っ気無い態度をとります。

一方、真鍋義久は空手道場の娘である森谷ヒヨリの誘いを中二病的な返答で断るも、それを琴浦さんに読まれてしまい少々恥ずかしい様子。

そんな感じで3週間が経過するも、もはや学校内で琴浦さんに話しかけてくる者は殆どいない状態。そんなとき琴浦さんと昼食を取ろうと申し出た真鍋義久。彼は彼女が自分の心の中を読んでいる事について気味悪がるどころか逆に面白がっています。

彼女もそんな彼に対して当初は避けていたのですが…。
●真鍋くんのエッチな妄想
今日は琴浦さんとの昼食を袖にされた真鍋くん、彼は事もあろうに琴浦さんのエッチな妄想をしてしまいます。

もちろん、彼の考えている事がそのまま伝わる琴浦さん。思わず彼女は彼に対してお仕置きプレイをしますが…。

真鍋くん「やべーよ。迂闊にエロい事考えられないじゃん!」

※そっちですか!
●初めての友達
翌日、琴浦さんは買い物をしているときに真鍋くんと出会います。そのとき彼がトラックに撥ねられそうになった際、彼女はトラック運転手の心を読み、危険察知して彼を助けます。

琴浦さん「わかったでしょ。私は見境無しに人の心が読めるの。」

これで彼からも気味悪がれる、そう思いきや、

真鍋くん「ありがとう。」

予想外の反応、しかし彼女の心を一番良く分かっているのは真鍋くんのようです。涙目な彼女を見てエッチな妄想をする真鍋くん。彼は彼女の最初の友達なんでしょう(エッチな妄想をする点を除けば)。

真鍋くん以外でも思わずエッチな妄想がしたくなる「琴浦さん」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ココロコネクト」第13話「永瀬伊織、過去を受け入れる!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「琴浦さん」TVアニメ公式Webサイト
「琴浦さん」AT-X公式Webサイト