成人の日の東京は大雪 都内ショップが続々と閉店

写真拡大

 成人の日の1月14日、東京は大雪に見舞われた。これにより、「BEAMS(ビームス)」や、「atre(アトレ)」、「PARCO(パルコ)」など、商業施設やファッションビル、セレクトショップなどが、通常より閉店時間を早めている。

東京は大雪 都内ショップが続々と早期閉店の画像を拡大

 気象庁は1月14日午前、都心で初雪を観測したことを発表。爆弾低気圧の影響から午後には大雪となり、夜にかけてさらに積雪が予想されていることから、東京都内のショップや商業施設などは、Twitterや張り紙で閉店を告知している。

 新宿では、アディダス新型直営店「アディダス ブランドコア ストア 新宿」が14時、その向かいの「TOPSHOP / TOPMAN ミラザ新宿店」が17時で営業を終了。ビルの上からの落雪を防ぐため、マルイ本館では地下道の利用を促すアナウンスがされた。渋谷では、17時時点では人通りが多い状況だったが、「BEAMS(ビームス)」や「UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)」などセレクトショップを中心に営業時間が早めらている。一方、休日は若い女性や観光客が多数訪れる原宿では、今日は人がまばら。レッグウェアを専門とした原宿の「AVANTGARDE(アバンギャルド )」は、成人の日限定のサービスとしてタトゥストッキングをプレゼントするキャンペーンを実施していたが、悪天候のなか客足が遠のいたといい、閉店時間を早めた。