部屋の向きと部屋の階数はどこがいい!?




賃貸物件を選ぶ際に気になるのは、やはり「日当たり」と「何階にあるか」ではないでしょうか。何向きの部屋がいいのか、また何階にあるといいのか、その条件について不動産屋の営業マンに聞いてみました。



■部屋の向きは物件の賃料に影響する



――日当たりのいい物件の方が賃料は高価ですか?



高価です。不動産は人気に比例して価格が決まりますので、同じような条件で、日当たりだけ異なる2つの物件があったとしたら、日当たりのいい物件の方が高価になります。



――向きとしては、東西南北どちら向きが良いとされますか。



東西南北でしたら、南>東>西>北の順番で人気があります。これは価格の高い順でもあります。



■部屋の向きとメリット・デメリット



●南向き

 メリット:日射時間が長い。洗濯物の乾きが良い。

 デメリット:夏は暑い。



●東向き

 メリット:朝日が差し、午前中の日当たりが良い。

 デメリット:午後は日当たりが悪くなる。



●西向き

 メリット:西日が差し、午後の日当たりが良い。

 デメリット:西日のため夏は夕暮れ時に暑い。



●北向き

 メリット:日がささず1日中暗い。そのための湿気も問題である。

 デメリット:家賃は安い。



――東向きと西向きでは東向きの方が人気があるんですね。



「西日」のイメージもあるのかもしれません。実際夏はまぶしいですし、夕暮れに暑いと不快になりますよね。ただ、西日のおかげで冬は暖かいというメリットもあるんですが。やはり、西向きと東向きでしたら、「東向き」の方が評価が高くなります。





――8方向で部屋の向きの人気順に並べるどうなりますか?



一番人気なのは、やはり「南東」に向いている物件ですね。南、東に開けていると一番明るいですから。



■8方向での部屋の向きの人気順はこうなる!



南東>南>南西>東>西>北東>北西>北



ワンルームなどで、外に向かった窓が1つしかない場合は、やはり部屋の向きに十分注意した方がいいですね。人間はやはり日光が当たらないと健康に影響しますから。また2面採光の場合にも向きを十分に確認した方が良いでしょう。





――日当たりと同じく、賃貸物件で気になるのは、何階にあるかだと思うんですが。



最上階を希望する方が多いのですが、やはりそれなりに高価になりますので。意外と1階を希望する人の多いんですよ。分譲物件の場合は余計そうですね。



――なぜなんですか?



年配の方が1Fを選ばれるんですよ。出入りしやすい1Fの方が足腰に負担がかかりませんし、分譲物件の場合、庭が付いていたりしますので。



■部屋の階層とメリット・デメリット



●1階

 メリット:部屋の出入りが簡単ですぐ。

 デメリット:道路から部屋が見えたり、防犯上の問題がある。



●中間の階層

 メリット:(向きにもよるが)上層に行けば(一般的に)日当たりは良い。

 デメリット:上下の階層の住人の生活音が気になる場合も。



●最上階

 メリット:見晴らしが良い。上の階層の生活音がない。

 デメリット:エレベーターがあっても外出・帰宅が面倒。



――中間の階層に住んでいると、特に上に住んでいる人の足音なんかが気になると思うのですが。



最近は住人間のトラブルが起こらないように防音に十分留意して施工している集合住宅が多いです。なので昔ほど気にはならないと思うんですが。



――では、中間の階層に住む時には、その物件がどのくらい新しいかにも気をつけた方がいいですね?



その通りですね。やはり実際に行って、見てみるということが大事です。







(高橋モータース@dcp)