【アニメ】「たまこまーけっと」第1話「しゃべる鳥」(ネタばれ注意)

写真拡大

●あの娘はかわいいもち屋の娘

(画像:「たまこまーけっと」公式Webサイトより)
©京都アニメーション/うさぎ山商店街

TVアニメ「たまこまーけっと」がTOKYOMXテレビその他で放送されています。

●キャスト
北白川たまこ:洲崎綾
常盤みどり:金子有希
牧野かんな:長妻樹里
鳥(デラ・モチマッヅィ):山崎たくみ
北白川あんこ:日高里菜
大路もち蔵:田丸篤志
朝霧史織:山下百合恵
北白川豆大:藤原啓治
北白川福:西村知道
大路吾平:立木文彦
大路道子:雪野五月
花瀬かおる:小野大輔
八百比邦夫:辻谷耕史
湯本長治:津久井教生
満村文子:渡辺久美子
常盤信彦:家中宏
魚谷隆:成田剣
魚谷真理:日笠陽子
清水富雄:川原慶久
白木忠直:野坂尚也
王子:下野紘
お付き:山岡ゆり

●ストーリー
とある場所にある「うさぎ山商店街」。商店街にあるもち屋の娘である北白川たまこは、商店街の人々に愛され、感謝しながら毎日幸せな日々を送っていた。 大晦日が間近に迫った年末に彼女は、言葉を話す鳥と出会う。たまこにとって、いつもより少し不思議な1年が始まる。
●北白川たまこは餅屋の娘
もうすぐクリスマスも近い12月のある日、バトン部に所属する北白川たまこは餅屋の娘。彼女はクリスマス用の餅のアイデアを考えているようですが、いまいち芳しく無い様子。

そんな学校の帰り道を歩く彼女の穏やかな一日を見てみましょう。
●しゃべる鳥
花屋「フローリストプリンセス」に立ち寄ったたまこ。そこに居たのは鳥。しかもしゃべる鳥。たまこは少々驚きながらも、その鳥を頭に載せて商店街を闊歩します。

※涙目のたまこ。

彼女の実家「たまや」、目の前にはライバル店の餅屋「大路屋」。相変わらずの喧嘩で仲が悪い様子。但し、いつものことなのでたまこは気にもしません。

家に帰ると妹の北白川あんこと幼馴染の大路もち蔵もしゃべる鳥を不思議そうに眺めています。

鳥「私の名前はデラ・モチマッヅィ!」
北白川豆大「餅は不味くねえ!」


どつかれるしゃべる鳥。確かに餅屋には向いていない名前ですね!
●銭湯へ行くたまこ
たまこは妹・あんこと共に銭湯へ向かいます。鳥の名前が気に入らないながらも何とか鳥を飼育しようとするたまこ。

鳥は大路もち蔵の肩に乗りながら銭湯に入ります。しかも鳥が喋るところを目撃されてしまい、

大路もち蔵「おっちゃん、鳥いくら?」

※もち蔵、涙目!

女湯にはたまこも居ます。風呂上がりで上機嫌の鳥は思わず女湯へ飛び込んでしまい…。

鳥、たまこに投げ返されます!

※鳥、扱いがぞんざい!
●餅屋の朝
餅屋の朝、手伝いをするたまこ。そういえば鳥は大路もち蔵と共に就寝の御様子。しかし鳥はたまこの方が好きみたいで…。

※エロ鳥!

たまこはバトン部の練習に出掛けると大工屋の娘、牧野かんなと談笑。実は牧野かんなの父が看板を作っていたようで…。

たまこ「看板、欲しいなあ。」

そう思う彼女ですが…。
●大晦日は忙しい!
餅の食べ過ぎで太った鳥ですが、たまこの頭の上から離れません。

たまこ「ちょっと重い…。」

※大晦日は餅屋で一番忙しい日、ちなみにたまこの誕生日。

そこで意を決した鳥は…。

鳥「俺は出ていく!」
たまこ「そっか。気を付けてね!」


鳥、引き留められず。更にたまこの新作餅を食べた途端、鳥、餅を喉に詰まらせて死にそう!

結局、鳥はそのままたまこの頭に戻り、大晦日は過ぎてゆきます。

鳥「蕎麦もいけるな!」

しゃべる鳥のふてぶてしさは何とかして欲しい「たまこまーけっと」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「貧乏神が!」第13話「振り出しへ戻る!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「たまこまーけっと」TVアニメ公式Webサイト