フィガロジャポンがウェディングをプロデュース

写真拡大

第一ホテル東京は、2013年1月20日から2014年3月31日まで、雑誌「フィガロジャポン」とのタイアップ商品である「フィガロマリアージュ」の予約を受け付けている。

「フィガロマリアージュ」は、雑誌編集に携わるクリエイターらが創る、パリシックなウエディングプランだ。

テーマは「ピュア・イノセント」

フィガロジャポンの世界観「トレンドに流されず、自分らしいスタイルを探したい女性に贈る本当のすばらしいもの」を体現した「フィガロマリアージュ」。

「ピュア・イノセント」をテーマに、それぞれのアイテムを最先端のクリエイターらが担当する。

例えば、料理は、森脇慶子氏がアドバイスしたもので、オードブルが6品というスタイルは婚礼料理では「初めての試みとなる」という。

ケーキは「Patisserie JUN UJITA」の宇治田潤氏がプロデュース。

ドレスは丸山佑香氏がカップルにぴったりのドレスをチョイス。「クリオマリアージュ」でドレスのレンタルができる。

その他にも、ヘアメイクはモッズ・ヘアのヘアメイクがヘアスタイルを提案、会場コーディネートは佐藤利樹氏が担当し、フランスのガーデン、田舎の教会のような凛とした世界観を演出。BGMは栗本斉氏が選曲する。

2つのプランがあり、Aプラン(ドレス、ヘアメイク、料理、ケーキ、会場コーディネート、BGM、会場費、サービス料)またはBプラン(料理、ケーキ、会場コーディネート、会場費、サービス料)の2つのプランが選べる。

Aプランは30名150万円、1名追加2万5000円。Bプランは30名100万円、1名追加2万5000円。