九州のM7級活断層 8か所から倍増

  • 政府が進める全国の活断層の再評価で、第1弾となる九州地域の原案が判明
  • マグニチュード7以上の大地震を起こす可能性がある活断層が従来の8か所から倍増
  • 大地震の警戒対象は大幅に増える見通し

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング