名古屋商科大学大学院が、大学院教育ランキングで国内1位・アジア3位を獲得

写真拡大

名古屋商科大学大学院はこのほど、大学院教育に関する世界的調査「Eduniversal Best Masters Ranking worldwide 2012-2013」(仏SMBG社)において、「Executive MBA部門」ランキング国内1位、アジア3位を獲得したと発表した。

同ランキングは、世界153カ国465校、2万プログラムを対象に「プログラムの評判」「卒業生の進路&収入」「卒業生の満足度」の3基準でランキングを行う、ビジネス教育についての世界的な調査。

このうち実務経験7年以上の社会人を対象としたMBA(経営学修士)プログラム「Executive MBA部門」において、同学の「General Manager Program」が国内1位(昨年1位)、アジア3位(昨年7位)となった。

詳細は「名古屋商科大学大学院の該当ページ」で閲覧できる。