JR仙石線多賀城駅。仙台駅には繋がっているが、終点の石巻まではまだ不通のままだ。

写真拡大

■海外につながっている大学

石川理那さん(多賀城高校2年生)は、医療、かつ、国際という仕事がしたいと考えている。さて、高校卒業後はどのような学校に進みますか。

「看護大か薬科大に進学して、国家試験を取って、研修を受けて……と考えています。青年海外協力隊にも参加したいので、語学力も必要だとは思うんですけど、医療でいちばん必要なものは、コミュニケーション能力というか、相手を思いやる気持ちだと思うので、そういうものも学生生活で得られればいいなあと思います」

具体的な学校名は頭の中にありますか。

「はい。九州にある日本赤十字九州国際看護大学か、栃木にある国際医療福祉大学で。福岡は、ちょっと遠いので、距離とかお金の面とかで考えていくと、ちょっとあれなんですけど。どちらも国際活動や国際研究などを(積極的に)していて、必要なことを学ぶことができると思ったからです」

日本赤十字九州国際看護大学は福岡空港から地下鉄・JR・バスを乗り継いで50分の福岡県宗像市にある。2001(平成13)年に開学した看護の単科大学だ。現在の学部学生数は470人。インドネシア、ベトナム、タイ、韓国の計6大学と交流協定を結んでいる。国際医療福祉大学は栃木県大田原市にあり、JR東北新幹線の那須塩原駅から車で約20分。1995(平成7)年に開学。現在は保健医療、医療福祉、薬学(6年制)の3学部を持つ。学部学生数は4201人(大田原キャンパスのみを集計)。ベトナム、中国、オーストラリア、合州国、台湾、タイの大学もしくは医療機関が学生の海外研修先として提示されている。

石巻編(連載第23回《http://president.jp/articles/-/8114》)で長野県看護大、岐阜県立看護大の名を聞いた。取材先で出合った医療系志望の高校生は、専門学校から大学まで、具体的な校名を挙げる傾向があり、県境を越え、遠くの地にある学校のことも調べている。

ただ、ひとつ気になることがある。石川さんのように具体的に進路を考えている高校生は、少数派なのではないかということだ。「TOMODACHI〜」に参加した被災地の高校生に会いに行くと決めた時点から、このことは気になっていた。

「TOMODACHI〜」に応募し、3週間の合州国を体験する。帰国後、こうして取材を受ける。自分でそう判断した高校生たちに会うことは、ある種の”偏り”を持つ。取材先で複数回「学校では浮いてるかも」「クラスで話が合わない」ということばに出合うと、この取材が”偏り”の中で行われていることを自覚する。皆さん、学校では、友だちと進路の話をしているんですか。

■進路の話で泣く子は多い

この取材で出合う高校生たちの多くが、彼ら彼女らなりに具体的な将来像を話してくれる。こちらは、その具体性に惹かれて話を聞き続けているのだが、そういう高校生は「少数派」なのではないかという予感もある。「TOMODACHI〜」から帰ってきて、クラスの友だちと話すときに「ずれ」を感じることはありますか。

全員「ありました」

あっ、声が揃った。

石川「帰って来たときにいちばん最初に思ったのは、友だちや先生が『小さいことで怒ってるなぁ』ということ。なんか考え方が……ことば悪いんですけど……ちょっと狭いなって思うときもあって『TOMODACHI〜』に一緒に行った人とか、向こうで出合った人って、いろんな考え方を持ってるし、広い視野で物事を見てる人が多くて、そういう違いを楽しめる人がすごく多かったので、なんか、日本に帰って来て『もうちょっと人の考えを受け入れたり、考えをシェアしたりっていうことができないかな』って思ったり」

合州国に行ってきたことで、日本で暮らすのがしんどくなっちゃったことは。

三品「それはないですね。やっぱり日本の食べもののほうがおいしいなあとか(笑)」

皆さんは学校では、友だちと進路の話をしているんですか。

太田「夢のない高校生、多いです。友だちに夢聞かれて、わたしは一応は決まっているので答えるんですけど、『え、すごいね』って驚かれる。『決まってない』って泣き出す子、いない?」

石川「進路の話で泣く子はすごく多いです。(職業を知る)機会がないんです。『職業、何知ってる?』って言われたら、お医者さんと、社長さんと……みたいな、もうほんとうにそんなかんじで。決まってないまま、文系か理系かに決めて、そのまま行けるレベルの大学に進んで」

太田「そうやって行ってから、大学辞める人多くない? なんかそんな先輩の話聞いた。辞めて、また違う大学行って、倍もお金がかかって……って言ってた」

石川「大学入って、『この職業だ』って言えるものに出合った人って何人いるんだろうって考えちゃう。やりたいことがあったら、それ一直線で進めるけど、やりたいことがないのに、とりあえず勉強して会社入って……って考えると、たいへんだなと思って」

三陸での取材では、こういうことばには出合わなかった。大槌では父が造り酒屋を再建し、気仙沼では祖母がつくる茶を父が事業化しようとしている。介護施設で働く親兄弟の話は複数回耳にした。三陸では、親兄弟の、近所の大人たちの仕事が目に見える距離にある。それは職業選択肢の少なさという問題と表裏一体ではあるのだが、見えるところに大人の働く姿があるのも事実だ。だが、都市部の普通校——あえてこの表現をつかえば「ふつうの高校生」には、それがひじょうに見えにくいのだ。

最後に、石川さんから送ってもらったメールをここに記す。

「正直、わたしにも将来への不安や恐怖はあります。偏差値がすごく高いわけでもないし、秀でているものもないので。取材のときの『ふつうが大変』ということばを感じることもあります。わたしの夢は漠然としていて、夢の決め方、探し方さえわかりませんでした。でも、アメリカに行ってたくさんの人に話を聞いて、帰国後は自分がどうありたいかがわかるようになりました。わたしが自信を持って夢を持つことができたのは、アメリカに行き、今まで知らなかったことをたくさん知り、すばらしい仲間に出合えたからだと思います。支えてくれる仲間と、視野を広げる機会があったから、泣かずにいられるのではないかと思います」

次回は福島県最大の商都に、4人の高校生を訪ねる。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)