三浦しをんが「凄さ」感じた小説

ざっくり言うと

  • 直木賞作家・三浦しをんが小説の「凄さ」を感じた5作を紹介
  • 『水の家族』『新装版 虚無への供物』『神聖喜劇』『嵐が丘』などを語った
  • まったく異なる『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』も楽しんだとあげた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング