鶏むね肉の激ウマ料理 (11) 鶏むね肉でやわらかチキン南蛮

写真拡大

大人気の鶏肉おかず、チキン南蛮。

今回は安価な鶏むね肉に下処理をして、やわらかく仕上げるコツを紹介する。

フライパンで揚げ焼きにしているので油の使用量も少なくて済む。

材料(2人分)鶏むね肉 1枚(300g) / 小麦粉 大さじ1 / 卵 1個 / 塩・胡椒・おろしニンニク 少々 / 油 適量タルタルソースの材料(茹で玉子 1個 / 甘酢らっきょう 30g / マヨネーズ 大さじ3 / パセリみじん切り 小さじ1)南蛮酢の材料(醤油・酢・砂糖 各大さじ1 / おろしニンニク ごく少量 / 片栗粉 小さじ1/4)キャベツ千切り 葉1枚分 / プチトマト 2個つくり方タルタルソースをつくる。

茹で玉子は粗いみじん切り、甘酢らっきょうはみじん切りし、他の材料と混ぜ合わせる。

鶏むね肉は全体を包丁の先でさして筋切りし、ラップをかぶせて瓶の底で軽くたたく。

塩・胡椒を軽く振り、ビニール袋に小麦粉や卵、おろしにんにくと一緒に入れて口を閉じたらしっかりともみ込む。

フライパンにサラダ油を深さ1cm程度まで入れ、中火より少し弱い位の火加減で5〜6分揚げ焼きにする。

途中1分おきに返し、焦げないようにする。

火が通ったらバットにあげ、10分ほど休ませる。

耐熱ボウルに南蛮酢の全材料を入れ、電子レンジでとろみがつくまで加熱する。

3を一口大に切って皿に盛り、4の南蛮酢と1のタルタルソースをかける。

キャベツの千切りやプチトマトを添えてできあがり。

「フライパンで揚げ焼きした鶏むね肉は、しばらく休ませてから切るのがポイントです。

熱々を切るとせっかくの肉汁が流れてしまします」(筋肉料理人さん)。

筋肉料理人1963年6月生まれ。

佐賀県在住。

自営業のかたわら、居酒屋で料理人としても働く。

2009年からは佐賀県三養基郡みやき町保有の元民間保養施設で食文化コーディネーターとしても活躍。

趣味は料理、バイク、アウトドア、筋トレ、熱帯魚。

子供は中学生と小学生の2人。

日々料理を楽しみ、筋トレ、プチダイエットも継続中。

超人気レシピブログ「魚料理と簡単レシピ」も執筆。