浮気をした彼とやり直すためには、どうしたらいいの?

写真拡大

「いつまでも、ずーっと好きだよ!」という甘い言葉をささやいてくれた恋人。

ですが、いつの間にか相手が浮気していたというケースは、けしてレアなものではありません。

「あの言葉はウソだったの!?」とワナワナ怒りに震える反面、まだ相手のことが好き、やり直したい、別れたくない……と、付き合い続けることを望む人もいるでしょう。

■女性は浮気相手に気持ちを奪われるのに対し、男性は『別腹』感覚で浮気する恋人の浮気に悩むのは、一般的に女性の方が多いかもしれません。

女性は浮気をした時に、相手に明らかに気持ちが傾きます。

彼氏といても、ついつい浮気相手のことを考えてしまって、交際相手に対して明らかに態度が冷たくなる人もいます。

一方、男性の場合では、体だけの関係を相手に求めるほうが多いのではないでしょうか。

恋人と交際している一方で、そのマンネリな関係に飽きてしまった、だからより若かったり、美しかったり、胸が大きい女性との浮気に走る男性が多いのでしょう。

もちろん、彼女よりも下のスペックの女性を選ぶ男性もいます。

これは、「自分にとって都合のいい女性」であることを優先しているというケースが多いようです。

しかし、「どうしてよりにもよって、あんな子と浮気するの!」と怒り狂う人もいます。

ですが、これはあくまで男性にとってその子が「浮気相手」だからです。

本命には気の知れた妻にふさわしい女性を選び、浮気相手にはつまみ食いにぴったりの女性を選んでいるからです。

浮気が発覚した際に、その浮気した相手のデータばかりに目がいってしまうと、肝心の関係の修復がうまくいかなくなることもありますので注意しましょう。

■浮気は、あなたに原因があることもあります浮気に関しては、「浮気するやつとなんか別れたほうがいい」という意見が多いでしょう。

しかし、どうしてもその人が好き、その人よりいい人なんて見つからないと思う、ということであれば、関係修復に努めてみるべきです。

まずは、話し合いをしてみることが大切かと思われます。

相手が、あなたにどんな不満を持っていたのか、もしくは、何も不満がないけれどついフラフラっと浮気をしてしまったのか、それによって、あなたの取るべき行動も自然と変わってきます。

まず、相手があなたに不満を持っていたケースです。

いつの間にか、相手に対して横柄な態度をとったり、共通の友人の前で相手のプライドを傷つけるような言動をしたり、デートではいつも仕事や友達の愚痴ばかり言ったり……。

こんなことばかりしていませんか。

そのような不満を相手から打ち明けられた時、相手に「だからって浮気していいと思っているの!」と怒鳴ってはいけません。

あなたが欠点を直さなければ、おそらく同じことが繰り返されます。

相手がもう浮気をしないという代わりに、あなたも交際相手を下に見ないように務めるべきなのです。

また、相手が、つい出来心で浮気をしてしまったケース。

この場合には、相手に下す制裁も簡単です。

「今回はやり直したいが、その代わりに次に浮気をしたら別れる」ことを明確に伝え、浮気相手と二度と会わないようにさせましょう。

連絡先も、自分が見ている前で消してもらいます。

交際している人と浮気相手が同じ職場・学校にいた場合には、その浮気相手に転職を求めるのも当然の権利ですし、授業などでも顔を合わせないようにしてもらうべきです。

また、ここで何よりも気をつけるべきなのが、感情的にならないようにすることです。

ヒステリーな性格では、相手に嫌われやすくなってしまい、さらなる浮気、もしくは破局を招きかねません。

相手に「俺が浮気したせいで、つらい気分にさせてしまった……」と思わせる程度のアピールに止めておきましょう。