日本の学校給食はおいしい? 日本在住の外国人に聞いてみた!

写真拡大

懐かしの給食、楽しみな日もあれば、嫌いなものが出るから学校に行きたくない……なんていう日もありました。

今回は日本の学校給食についてどう思うか、また母国にも学校給食はあるのか、日本に住む外国人20人に聞いてみました!■栄養バランスが良いと思います。

母国に給食はありませんでした(インドネシア/男性/30代前半)■栄養がちゃんと含まれていそうです。

母国に給食はありませんでしたが、食堂はあります。

スパゲティ、ピザなどから選べることが多いです(アメリカ/男性/20代後半)栄養のバランスがとれた食事、給食のもっとも優れた点はこれですよね。

食育という言葉の通り食事も教育の一環ですから、生徒からの支持が低いメニューも当然出てきます。

「残してはいけません!」と先生に言われ、泣きたい気持ちになったものですが、愛のムチ、勉強のひとつだったのですね。

■良いと思うが嫌いなものを食べさせるのは嫌だ。

母国に給食はなし(シンガポール/男性/20代後半)と思ったらいました、嫌いなものは食べたくない人が! できるなら3種類ぐらいの中から選べたらいいのに。

栄養価は3種類とも同じくらいで……わがまま、ぜいたくですね。

■ぜいたくだと思う。

母国にはない(ポルトガル/女性/50代前半)はい、その通りです。

思えば給食の献立は多彩で、毎日飽きることがありませんでした。

みんな同じメニューを食べられるということも、今となっては大きな利点だったように感じます。

保護者の方も安心しますよね。

■素晴らしいと思う。

食育は大切。

今のお母さんたちは忙しいから弁当を作る時間がなかなかない。

絶対無くしてはいけないことだ! デンマークは基本的には給食がない(デンマーク/女性/50代前半)保護者の気持ちを熱く代弁! お弁当箱に入れることができ、冷めてもおいしく、見栄えも気にしながら栄養バランスが良いもの……これを毎朝作るのは大変です。

■給食は良いと思います。

大抵バランスのよい料理が楽しめますし。

私はお弁当でしたが。

母国にも給食はありました。

料理は、ローストチキンや野菜、マッシュポテトなど、種類は様々でした(フランス/女性/20代後半なんだかおいしそうですね。

マッシュポテトにはやはりグレイビーソースが添えられているのでしょうか? ならば筆者にとっては学期末などのお楽しみ献立に匹敵します!■いいと思う。

母国では家でお母さんが作ってくれているようなおかずとスープ(韓国/女性/30代後半)韓国の給食でほぼ毎回出るもの、それはお察しの通りキムチです。

ご飯、チゲなどのスープ、おかず、キムチが盛れるようになっているワンプレート給食が一般的なようです。

他には以下のような回答がありました。

■大震災の時に東海村にいたので、その役場で食べていました。

悪くないと思います。

母国にも給食があります。

普通にパスタ、肉類、野菜、果物が出ています(イタリア/男性/30代前半)■大学の給食はまあまあ食べられました。

でもほとんど毎日一緒の物だからあきてきますね。

母国の給食は、やはりイラン料理はよく出ます。

だけど私はいつもお弁当を持って行きました(イラン/女性/20代後半)■ヘルシーでおいしいと思う(シーフード以外)母国にもあります。

ポテト、ソーセージなど、フライフードが多かった(イギリス/男性/40代前半)■栄養バランスがいいと思います。

母国にも給食はあります。

中華料理です(中国/女性/20代後半)国によって献立が様々ですね。

お国柄がよく表れています。

いろいろな国の給食の画像が見られるサイトもあるので、のぞいてみると面白いかもしれません。

配膳の準備や、好きだった献立、みんなで机をくっつけていただきます。

そして苦い思い出も全てひっくるめて「給食」。

なかなか貴重な経験と言えるのではないでしょうか。