LIXIL 省エネリフォーム効果が分かる「ココエコ診断」開発

写真拡大

(株)LIXILは、現状の住宅の断熱性能と、リフォーム後の断熱性能を事前に数値で比較することができるシミュレーションソフト「ココエコ診断」(特許出願中)を開発、1月15日よりLIXILの窓マイスター登録店から順次、サービスを開始する。
LIXILでは、「暖房しても足元が暖まらない」、「夏の西日が強くエアコンの効きが悪い」といった住まいの困りごとを解決するため一部屋ごとに手軽に住みながら省エネ断熱リフォームできる新発想のエコリフォーム工法「ココエコ」昨年4月より本格発売しているが、今回開発した「ココエコ診断」は、この「ココエコ」の効果を、数値・グラフ・サーモグラフィ画像などで、わかりやすく“見える化”することが出来るシミュレーションソフト。家の中と外の温度差が大きくなる11月〜3月の測定で、現状の家の断熱性能を測定し、リフォーム前後の総合断熱性能を比較できるほか、(1)体感温度、(2)足元の暖かさ、(3)窓の結露、(4)部屋の保温力、(5)冷暖房費という5項目の比較診断結果が診断書としてまとめられる。