【男性編】頂上までのぼってみたいタワーランキング


やっぱり世界一の高さを体験してみたい





東京スカイツリーが開業し、各地のタワーに注目している方も多いのではないでしょうか。そこで今回は441名のマイナビ会員の男性に頂上までのぼってみたいタワーをアンケートしました。男性の皆さんは、どんなタワーに興味があるのでしょうか。





Q. 頂上までのぼってみたいタワーを教えてください(複数回答)

1位 東京スカイツリー(東京都/634m) 73.0%

2位 東京タワー(東京都/332.6m) 14.5%

3位 五稜郭タワー(北海道/107m) 6.3%

4位 京都タワー(京都府/131m) 5.0%

5位 通天閣(大阪府/103m) 4.8%







■東京スカイツリー(東京都/634m)

・「しばらくは大混雑して満喫できなさそうなだけになおさらのぼってみたい感情がわいてくる」(23歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「世界一を体験したい」(28歳/食品・飲料/技術職)

・「飛行機を除けば、今までに味わった事の無い高さ。見たことのない風景が見られそう」(32歳/その他)





■東京タワー(東京都/332.6m)

・「東京生まれ、東京育ちなのに、まだ上ったことがないので」(35歳/人材派遣・人材紹介/経営・コンサルタント系)

・「一度行ったことがあるが上の展望台には行かなかったから。スカイツリーを見上げるという新たな楽しみがありそう」(23歳/食品・飲料/その他)

・「タワーの下までは行ったことがあるが、のぼったことがないのでのぼってみたい」(32歳/その他)





■五稜郭タワー(北海道/107m)

・「新撰組が好きなので興味がある」(42歳/その他)

・「あの五角形をよく見てみたい」(49歳/電機/技術職)

・「以前のぼったら、タワー下の公園の新緑もきれいだった」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■京都タワー(京都府/131m)

・「古風な町並みをみおろしてみたいから」(38歳/その他)

・「京都にはよく行くけれど、のぼったことがないから」(45歳/警備・メンテナンス/技術職)

・「友人と一緒にタワーのスタンプラリーに挑戦中だけど、まだ行けていないので」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)





■通天閣(大阪府/103m)

・「高いところは苦手ですが、通天閣にはのぼってみたい」(44歳/医療・福祉/専門職)

・「一度のぼってみたいと思いながらのぼってないから」(42歳/ソフトウェア/技術職)

・「結構高そうだし、話のネタにできそうだから」(30歳/金融・証券/営業職)





■番外編:街並みを一望できるタワーが人気

・名古屋テレビ塔(愛知県/180m)「名古屋の景色が一望できるから」(29歳/自動車関連/技術職)

・東尋坊タワー(福井県/55m)「上から見ることでその場所の全体像が分かるので興味がある」(46歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・夢みなとタワー(鳥取県/43m)「高いところが苦手なので、あまり高くないところを選びました」(50歳/その他/クリエイティブ職)





総評

1位に輝いたのは、7割以上の票を獲得した「東京スカイツリー」でした。やっぱり世界一の高さは一度体感してみたいという人が多かったです。なかには料金が高いと感じている人もいるようですが、世界一と考えれば、頂上までのぼる価値は十分にあるのではないでしょうか。





2位に選ばれたのは、元祖 高層タワーの「東京タワー」。スカイツリーに押され気味ではありますが、長年、東京の象徴だっただけに人気は健在です。「東京タワーからスカイツリーを見たい」という声もあり、新たな楽しみ方も生まれているようです。





3位には「五稜郭タワー」がランクイン。土方歳三のブロンズ像などがあり、新撰組ファンにとっては興味をそそられるタワーですよね。函館の街並みが見おろせる人気の観光スポットにもなっています。





そして、4位には「京都タワー」5位には「通天閣」と関西を代表するタワーが選ばれました。京都タワーの下にはホテルや大浴場があり、展望以外でも楽しめるエリアとなっています。通天閣もビリケン像やネオンサインなど見どころが多く「一度はのぼってみたい」という声が集まりました。





番外編としては「高いところがダメなので低いところを選んだ」というコメントに注目。実は「高所恐怖症でタワーは苦手」という人も多かったんです。でも、高くはないけれど楽しめるタワーもたくさんありますので、気になるタワーがあったらぜひのぼってみてください。





(文・OFFICE-SANGA 二宮由紀子)





調査時期:2012年12月14日〜2012年12月19日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性441名

調査方法:インターネットログイン式アンケート