シャープな切れ味が長持ち。折る刃式チタンコートカッター発売

写真拡大

文具・オフィス用品等を扱う住友スリーエムは、2月12日より、チタンコーティングを施した折る刃式カッター「スコッチ チタンコートカッター」を発売する。

価格は、Sサイズ472円、同Lサイズ682円。

同商品は、一般的なカッターナイフの刃先よりも鋭い18度という鋭角刃加工を施すことで、シャープな切れ味を実現。

刃表面の摩擦が低減されるため滑りが良くなり、切れ味が良くなっている。

力の弱い女性でも、紙はもちろん、段ボールやプラスチックのパッケージなどを軽い力でスムーズに切れるという。

また、炭素工具鋼刃の表面に、約4倍の硬度を持つ「高硬度チタン合金」をコーティング。

刃先の摩耗を防ぎ、切れ味がチタンコート無しのカッター刃と比較し2倍(同社試験結果)持続したとのこと。

さらに、高硬度チタン合金のゴールドカラーは、使う人にとって識別性が高いというメリットがあるほか、小学校の図工の教科書などで推奨されている、人さし指握り、親指握り、鉛筆握りの3通りの握り方でしっかりと握れる3D形状グリップを採用。

上下に貼(は)り付けたラバーにより滑りにくい構造となっている。

詳細は、同社公式ホームページを参照のこと。