三品さんが制作した動画「from311 声」の一場面。

写真拡大

■キラキラしている大人にやっと会えた

宮城県多賀城高校1年生の三品万麻紗さん、将来の志望は映像関係のプロデューサー。「今、河瀬直美さんに興味津々です」と語る。三品さんは、どこで河瀬直美を知ったのか。

「『ビヨンドトゥモロー』に参加したときに紹介されました」

ビヨンドトゥモローは、ダボス会議参加者を中心とする日本の若手経済人が設立した「一般財団法人教育支援グローバル基金」が行っている、奨学金や教育プログラム提供などの被災地教育支援事業のことだ。昨年10月には東京で1泊2日のグループディスカッションを行う「東北未来リーダーズサミット2012」を開催、三品さん以外にも何人かの「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」参加者が、これに参加している。「TOMODACHI〜」参加者の Facebook グループ上では、こうした機会の情報共有が盛んに行われている。

「ビヨンド〜」には、教育支援グローバル基金の理事である若手経済人たちも参加していた。その多くが1960年代後半〜70年代前半の生まれ——懐かしいことばを使えば「新人類」から「76世代」の間だ。インターネットの普及期と、1995年の阪神淡路大震災——この国の「ボランティア元年」に大学生もしくは20代で出合った年代が、今、被災地の高校生たちを支援している。

■BEYOND Tomorrow| 一般財団法人 教育支援グローバル基金
http://beyond-tomorrow.org/

「河瀬直美さんのことは、藤沢久美(シンクタンク・ソフィアバンク副代表)さんと近藤正晃ジェームス(Twitter Japan 代表)さんから紹介されました。紹介されるまでは、映画祭のことしか知らなくって、宮城に戻ってDVDを借りに行きました。あまり詳しく調べていないのですが、ほとんど新人の俳優陣を使っているにもかかわらず、さまざまなところで賞をもらっていて、合成とか現代の技術がむき出していない、温かみのある、ほんとうに美しい作品をつくっている方です。わたしが目指す、見終わったあとに何かを考えさせられる作品をつくり上げているところに興味津々なんです」

三品さん、プロデューサーになるためには、何を手に入れる必要がありますか?

「『TOMODACHI〜』に参加する前は、いろんな作品を観るっていうことと、就職するために4年制大学を卒業しなきゃいけないってことは、自分の中で決まっていたんですけど、『TOMODACHI〜』や『ビヨンド〜』に参加したあとは、それよりも、実行する気力とか、人の和とか、いろんな人の話を聞くことが大事だと思ってて。大人の人の話聞くの、大好きになっちゃって、いろんな人に聞きに行くんです。でも、同級生とかと話すと、自分の意見を通したいっていうのがまだ抜けなくて。そこは直さなきゃなって思ってます」

三品さんは「TOMODACHI〜」では、ピクサーで働く日本人から話を聞いたという。

「『ビヨンド〜』に来られた大人の方も、わたしたち学生の話にもちゃんと耳を傾けてくれたり、いろんな知り合いの方とか紹介してくれて。近藤さんにも『夢、何なの?』って言われて、わたしが答えたら、すぐに『この人、どう?』っていっぱい紹介してくれて。2012年は、キラキラしている大人にやっと会えた。1人ひとりの声を聞き、向き合ってくださる大人の方が、かなり不足しているんです。それまでこっちが、そういう目で大人を見ていなかったということかもしれないのですが……」

さて、三品さん、高校を卒業したあとはどうしますか。

「こういう経験して、迷い始めてます。ぐるぐる、ぐるぐる、ぐるぐる(笑)。留学して、やっぱり英語を鍛えたほうがいいのかなとか、宮城県の大学じゃ、やっぱり駄目なのかなとか」

ここはメールで「その後」を確認しよう。

「わたしはいつも目標がないとダラダラしちゃうので、今、目指しているところは? と訊かれたときには、秋田にある国際教養大学と言っています。1年留学必須、留学生との寮生活、図書館などの設備も良くて、授業もすべて英語(しかも、さまざまな国の先生方)というところに惹かれました。この大学に行けば、また自分の視野を広めることができる、新しいことができそう、と考えました。ただ、今の実力では本当に難しい。今、意識して毎日英語の勉強をしていますが、なかなか成果が出てこなくて、正直まだまだ迷っています」

もうひとつ「その後」の話を書く。三品さんは「実行する気力、人の和」と語った。実行は為された。昨年末、三品さんは自分が出合った被災地の声を集めた2分49秒の映像をつくった。そこには60人を超える人たちが協力しているという。その映像は1月2日から、YouTube 上で公開されている。

■from311 声
http://www.youtube.com/watch?v=DXeUfaOrrKg&feature=youtu.be

次に登場するのは、三品さんと同じ多賀城高に通う——幼稚園のころから『家庭の医学』を読んでいたという高校生だ。

■応急処置の絵とか、すごい好きなんです

石川理那(いしかわ・りな)さんは、宮城県多賀城高等学校普通科2年生。自宅は「半壊でした。若干傾いたので、引っ越しました」。震災後、しばらくの間、親御さんから外出禁止を命じられたという。

「震災直後は水や食糧の配給が近くの公園でありましたので、それをもらいに行っていました。でも、ラジオで福島原発の問題が明らかになっていくと『今は危険かもしれないから』と言われて。1カ月間は電気、水が使えない状況で、陽が上ったら起きる、日が沈んだら寝るという、現代ではしない生活を送っていました。電気がないので星がすごく綺麗でした。震災の被害を実感したのは震災から2、3カ月程経って、親戚がいる南三陸町を訪れたときでした。幼いころから訪れていて大好きだった街は瓦礫の山しかなくて、親戚の家やよく行っていたお店はどこにも見当たりませんでした」

先回りして言えば、石川さんの将来の志望は医療関係だ。だが、そのきっかけ(の半分)は震災よりもずっと前に遡る。

「将来は国際看護師か薬剤師——医療系に就きたいと思ってます。青年海外協力隊にも参加したいと考えてます」

前出の太田さんも話していた青年海外協力隊は、独立行政法人国際協力機構(JICA)が日本政府のODA予算で実施する「JICAボランティア事業」のひとつだ。隊の発足は1965(昭和40)年。現在までのべ3万6000人が参加している。隊への応募資格は、満20歳(2013年4月1日時点)から満39歳(2012年11月5日時点)の日本国籍を持つ者。隊で募集される職種は、石川さんが志望する「保健・医療(看護師、助産師、保健師、作業療法士、栄養士など)」のほかに、計画行政、公共・公益事業(土木、都市計画、建築)、農林水産、鉱工業、社会福祉(障碍児・障碍者支援)、そして、太田さんが志望する「青少年活動」を含む「人的資源(教育、スポーツなど)」がある。

派遣期間は原則2年間。給料や報酬は出ないが、往復渡航費と現地住居費、月280〜760米ドル(約2万4000〜6万6000円)の生活費が支給され、派遣前訓練中や派遣中に日本国内で支出が必要な経費として国内手当も支給される。手当の額は訓練期間中は月4万円、派遣期間中は月5万5000円だ。

さて、石川さん。志望は、医療、かつ、国際というところがポイントなんですね。

「はい。幼稚園のころから、すごい分厚い『家庭の医学』みたいな本を、字なんかあんまり読めないのに、面白くてずっと読んでてて(笑)。応急処置の絵とか、すごい好きなんです。捻挫したときはこう対処するとか。包帯の巻き方とか、そういうのが(笑)」

では「国際」のほうのきっかけは。

「震災で世界からの支援を強く意識したことと、『TOMODACHI〜』でアメリカに行ったことです。医療と国際のどちらもできる国際看護というものがあると知って、興味を持ちました」

気仙沼編(連載第33回《http://president.jp/articles/-/8194》)でも触れたが、高校生たちは「TOMODACHI〜」プログラムのなかで、合州国で働く日本人看護師に会って話を聞いている。

「医療にはずっと興味があったんですけど、その途中でいろんな夢ができて。でも、高校に入って、真剣に将来のこと考えなきゃいけないってなったときに、やっぱり医療に携わりたいなと思って、いろんなこと調べて。どうして看護師とか薬剤師になりたいかというと、体だけじゃなくて、こころも元気にできる仕事だと聞いたからです。震災があって、心のケアの大切さというものをあらためて思うことがあって。震災では、怪我や病気に加えて、多くの人がこころに傷を負っています。震災後に鬱になる人も多くいました。そのようすを聞いて、医療の面で人のこころを癒せるようになりたいと思ったんです」

ということは、進学先は医療係の学校になると思うのですが、専門学校も短大もありますし、看護専門の大学、一般の大学の医学部、薬科大もあります。石川さんが考えている行き先はどこですか。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)