『宇宙戦艦ヤマト2199』恒例の「ヤマトーク」にヱヴァの庵野秀明監督が登場

写真拡大

いよいよ明日1月12日(土)よりイベント上映がスタートする『宇宙戦艦ヤマト2199』第四章「銀河辺境の攻防」だが、今回も上映2週目に東京・新宿ピカデリーにて恒例のトークイベント「ヤマトーク」が開催される。

「ヤマトーク」は、1月22日(火)、25日(金)の計2回にわたって実施。

22日は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの総監督として知られ、本作のオープニング映像の絵コンテも担当している庵野秀明、25日は第四章の入場者特典「特製7連コレクションシート」のイラストを手がけた加藤直之がそれぞれ出演し、MCの小林治と総監督の出渕裕を交えた「ヤマトーク」となる。

加藤は、このイラスト以外にもブルーレイ&DVDの初回特典であるスリーブイラスト、劇場パンフレット「ヤマトギャラリー」イラスト、さらには昨年の「キャラホビ2012」にてライブペインティングを担当している。

イベントのチケットは、両日ともにトークショーつきの特別料金2,200円で販売される。

販売方法は、インターネット販売と劇場窓口販売の2種類で、22日の回は13日(日)16:00より(ネット販売で残席があった場合のみ14日の劇場オープン時に窓口販売)、25日の回は14日(月)16:00より(ネット販売で残席があった場合のみ15日の劇場オープン時に窓口販売)ネット販売がスタートする。

詳細は『宇宙戦艦ヤマト2199』公式サイトまで。

(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会