ヤマハ、新グラフィックを採用した「YZF-R1」2013年モデルを発表

写真拡大

ヤマハ発動機は11日、新グラフィックを採用したスポーツバイク「YZF-R1」の2013年モデルを30日に発売すると発表した。

価格は141万7,500円。

同車は、MotoGPクラスチャンピオンマシン「YZR-M1」の設計思想を反映したクロスプレーン型クランクシャフトエンジン(997cc・水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ)搭載のスポーツバイク。

2013年モデルでは、レーシングイメージ溢れるカラー「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー)車のフロントカウル部に新グラフィックを採用。

R1ロゴをベースカラーの上に配し、その下のブラック部分にYAMAHAロゴをあしらっている。

また、フロントフェンダーはホワイト、ホイールはホワイトのピンストライプ入りのブラックとしてコーディネイト。

アンダーカウルには、レースシーンをイメージさせるロゴが採用されいる。