クロスカンパニーが1月11日、「SM2(サマンサ モスモス)」や「Techichi(テチチ)」を運営するキャンを買収したと発表した。20〜30歳代の女性という顧客層の類似などから、事業領域の拡大と商品調達などによる優位性やマーケティング上の補完関係など今後のシナジー効果を視野に、全株式の取得に至ったという。

クロスカンパニーがキャンを買収の画像を拡大

 基幹ブランド「earth music & ecology(アース ミュージック&エコロジー)」や昨秋スタートした「SEVENDAYS=SUNDAY(セブンデイズ サンデイ)」といった国内事業とともに、グローバルカンパニーを目指して海外事業についても積極的な拡大戦略を進めるクロスカンパニー。2009年には「THOM BROWNE(トム・ブラウン)」の株式を過半数取得しジャパン社を設立。「THOM BROWNE」は今春に国内初、世界2店舗目の路面店が南青山に出店する。

 クロスカンパニーは、キャンの全株式を昨年12月25日付で取得。全国の駅ビルやファッションビルを中心に、低価格のウィメンズブランドを企画・製造・販売まで一貫して展開しているキャンは、子会社3社を含むグループ全体の年商が約175億円(平成24年2月期)。2013年2月期は約193億円が見込まれている。

■クロスカンパニー
 http://www.crosscompany.co.jp/