業績悪化により、会社負担による「忘年会」や「新年会」が行われなくなったり、予算が削減されたりするケースが増えているようだ。その一方で、「運動会」など新しい社内イベントを増やしている会社も見られる。

ある会社では、社内イベントによって職場の一体感を回復したと自負する営業部長が、「中堅社員の中にイベントに参加しない社員が現れたのでなんとかしたい」と人事に相談しにきたという。


「チームの一体感」を重視してここまで来たのに


――専門商社の人事です。営業部長のAさんが相談にやってきました。入社5年目のB君が、職場の忘年会と新年会に参加しなかったのだそうです。


「あいつ、『私は仕事では迷惑かけていませんし、飲み会でどうこう言われる筋合いはありません』だってさ。ああいう協調性のないヤツは、会社で処分できないのかね」

4年前にAさんが部長に就任するまで、営業の成績は散々なものでした。部下たちは上司の言うことを聞かず、バラバラだったのです。


それをAさんが「チームの一体感を大事にしよう」と呼びかけて、懇親会やミーティングの回数を増やし、コミュニケーションを活性化させてここまでやってきたのでした。


Aさんの目には、チームの中で育ってきたはずのB君が「最近仕事に慣れてきて、成績が上がったからといって、急に生意気なことを言うようになった」と映っているようです。


B君は飲み会自体が嫌なわけではなく、仕事帰りに後輩たちを引き連れて飲みに行っています。別の営業社員によると、よからぬ話もしているようです。


「最近は飲みながら、部長や会社の文句を言っています。こんな面倒くさい会社なんか辞めて、転職しようかとも言ってるんです」

こんな話がAさんの耳にも入っていることで、処分できないかという相談になっているようなのですが、こういうとき、どう対処したらいいでしょうか――


社会保険労務士・野崎大輔の視点

処分はできない。一時的なものとして大目に見ても


入社5〜6年目の社員が生意気なことを言い出す、というのはよくある話ですね。仕事に自信がついて「自分はデキる人間」と勘違いすると、自分勝手な行動を取るようになるものです。厳密に言えば、会社批判をして後輩を扇動する行為は、職場の秩序を乱すものとして処分の対象になりえます。ただし、B君も今後新たな役割を求められる段階になれば、謙虚に戻ったりするものです。一時的なものとして大目に見てやるという親心も必要ではないでしょうか。


忘年会、新年会等への不参加が問題になるのは、参加が業務命令である場合のみです。おそらく今回のイベントは終業後、時間外手当を払わずに行われるものだと思われますので、処分はできません。仕事の進め方や、成績などにあらわれた影響を見つけて、「ちょっと思いあがっているんじゃないか」「チームを大事にして働くことをおろそかにしているんじゃないか」といった指導をすることが中心になるのではないでしょうか。


臨床心理士・尾崎健一の視点

乾杯の時間だけでも就業時間中にしてはどうか


「職場の一体感」を醸成することで、仕事の生産性が高くなるケースはよく見られます。メンバー間のコミュニケーションが活性化することで、情報共有や行動支援が進むのでしょう。いつの時代にも個人主義的、プライベート重視の志向の人はいますが、それに配慮しつつも職場のイベントを大事にする方法は、あながち効果のないものではありません。


そういうポリシーを明確にもっているならば、業務を早めに切り上げてイベントを開催し、業務時間外の時間帯部分は自由参加とするやり方があってもいいのではないでしょうか。あいさつと乾杯は全員参加とし、あとは「残って参加したい」と思わせるような食べ物やイベントを用意することが考えられます。野崎さんの指摘のとおり、途中で帰る人がいても処分することはできませんが、強要しない程度に「もうちょっと話さないか」と声をかけ、この機会を生かして部下の不満や提案に耳を傾けてみてはいかがでしょう。






(本コラムについて)

臨床心理士の尾崎健一と、社会保険労務士の野崎大輔が、企業の人事部門の方々からよく受ける相談内容について、専門的見地を踏まえて回答を検討します。なお、毎回の相談事例は、特定の相談そのままの内容ではありませんので、ご了承ください。