米国でスタートしたアマゾンの「AutoRip」サービス

写真拡大

アマゾンが米国時間2013年1月10日発表した「AutoRip(オートリップ)」サービスは、アマゾンでCDを購入すれば無料でmp3データを入手できる、というものだ。CDをいちいち取り込む手間が省けるのはもちろんのこと、データはクラウド上に自動的に保存されるため、場所や端末を選ばずどこからでも購入した音楽を楽しむことができる。

米国ではすでに「クラウド音楽」サービス競争が激化している。アマゾンはその巨大な販売力を生かし、ユーザーの囲い込みを計る。

これまで購入したCDもすべて対象

注目すべきなのは、今後購入するものだけでなく、アマゾンがCD販売に乗り出した1998年から現在まで、これまでに買ったCDもすべて対象になる点だ。アマゾンで買い物を多くした人ほど、オートリップの恩恵を受けることになる。現時点では対応CDは5万タイトル前後に留まるものの、今後拡大の予定だという。

アマゾンでは独自のクラウド音楽サービスとして、「Amazon Cloud Player(アマゾン・クラウド・プレイヤー)」を提供中だ(日本では12年11月開始)。クラウド音楽サービスは日本ではまだ立ち遅れた分野だが、米国ではアップルが「iTunes Match」、グーグルも「Google Play Music」など類似サービスを提供しており、競争が激しさを増している。

アマゾンには「CDとクラウドデータの『セット』販売」というアップル、グーグルに真似のできないサービスを持ち込むことで、両社に差をつける狙いがあると見られる。

日本でも早くサービス開始して!

現時点では米国のみのサービスだが、日本のネット上でも羨望の声が相次いでいる。

「これは凄い!日本でもやってくれないかな!」
「CDという実体物が欲しいけど、PCに取り込むのが億劫だという俺にどストライクなサービス来てた! 早く日本でもサービスインを! これは間違いなくiTunesの対抗馬になるな」
「15年以上Amazon利用してきた中で一番良いサービスかも」

日本でのサービス開始時期については、米Techcrunchが「2013年中」と報じている。