まるで二人羽織

写真拡大

「ASUS」を展開するASUSTeK Computer Inc.は2013年1月12日、携帯情報端末「PadFone 2」を国内発売する。

スマートフォン「PadFone 本体」に、付属のディスプレイ「PadFone Station」を合体させることで、タブレット端末としても使用できる商品だ。

SIMフリーを採用

「本体」は、4.7インチの「Super IPS+」液晶に加え、OSは「Android 4.1.1」、メインメモリは2GB(ギガバイト)、CPUはクアッドコア1.5GHz(ギガヘルツ)の「Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064」を搭載している。

3G通信は、SIMフリー(W-CDMA方式)を採用しているため、microSIMカードを差し替えるだけで、使用する通信会社を自由に選択できる。

合体させれば「タブレット」に

また「本体」を「Station」背面のスペースに差し込むと、タブレット端末としても使用可能だ。「Station」は、10.1インチの液晶に加え、バッテリーも内蔵しており、バッテリー容量は「本体」単体の約2.5倍となる。なお、CPUやメモリ、通信機能などは「本体」側にあるため、「Station」単体では使用できない。

「本体」単体が、約135グラム。「Station」と合体させると、約649グラムになる。希望小売価格は、79800円。