ちばシティバス、稲毛駅から幕張メッセ・幕張新都心方面への新規路線運行

写真拡大

ちばシティバスは、1月16日より、総武線稲毛駅から幕張メッセ・幕張新都心方面へ乗り換えなしで移動できる、新規路線バスの運行を開始する。

路線名は「メッセ新都心線」。

JR稲毛駅からの所要時間は、海浜幕張駅までが21分、幕張メッセ中央までは25分となる。

運賃はJR稲毛駅から海浜幕張駅までが200円、幕張メッセ中央までが250円。

平日のみ運行で、土・休日および8月13日から8月15日、12月30日から1月3日は運休となる(2013年01月16日現在)。

停車駅は、JR稲毛駅、京成稲毛駅入り口、高須入口、稲岸公園、新高須橋、歯科大東門、プラウドシティ・ウエスト、千葉西警察署、2丁目23街区、5丁目2街区、5丁目19街区、5丁目23街区、若葉3丁目、県立幕張高校入口、イオン幕張店、海浜幕張駅、タウンセンター、幕張メッセ中央。

なお、PASMO、Suicaでバスに乗ると自動的にバスポイントがたまる「バス特」が利用できるとのこと。

詳細は、同社公式ホームページでみることができる。