蜷川実花初プロデュース 上海にカフェ・バー・クラブ複合店が3月オープン

写真拡大

 蜷川実花が初めて店舗プロデュースを手がけた「Shanghai Rose | Bar & Cafe on the Bund(シャンハイローズ バー&カフェオン・ザ・バンド)」(以下、Shanghai Rose)が、上海の外灘源5号館に出店する。極彩色あふれる豪華絢爛な空間を演出し、自身のブログ「人生気合っす!」で同氏は「昼間はカフェ、夜は1階がバーで2階がクラブ&ライブハウスというお店」と説明。3月1日にグランドオープンを予定している。

蜷川実花のプロデュース店が上海にの画像を拡大

 食や音楽をミックスした「Shanghai Rose」は、築100年以上の洋風建築が建ち並ぶ外灘エリアに位置し、1905年に建築された元「Rowing Club」をリノベーションしてオープンする。面積は室内488平方メートル、室外300平方メートル。2フロア構成の店内は蜷川実花の写真が壁や天井にデザインされ、ソファやシャンデリアといったインテリアも同氏によりセレクトされている。シーンに合わせてカフェやバーとして営業する他、プライベートパーティーや結婚式の2次会といった特別営業にも対応するという。

 「Shanghai Rose」の運営は、「かりゆし 58」や「ガガガ SP」などのアーテイストプロデュースから、音楽レーベルやライブハウス、出版事業まで幅広く手がけるエル・ディー・アンド・ケイが担当。同社は"夜カフェ"という新ジャンルを提案した「宇田川カフェ」や、ヤギを飼う「桜丘カフェ」を渋谷に出店している。

■Shanghai Rose | Bar & Cafe on the Bund
 住所 : 上海市黄浦区南蘇州路76 号(圓明園路近く、外白渡橋そば)
 営業時間 : 毎日19:00〜3:00(カフェタイム:近日公開)
 http://www.shanghairose.com