「最近の多賀城名物です」と高校生から教えてもらったおやつ「多賀城バナナ」。

写真拡大

■「国際センターとか、もう大好きです」

「いろんなところで子どもに関わる仕事をしたいので、青年海外協力隊に参加したいって思ってます」と語った太田佳奈さん(聖ウルスラ学院英智高等学校2年生)。その仕事に就くためには、どんな能力が必要だと思いますか。

「第一に、コミュニケーション能力だと思います。ぜんぜん違う環境で育ってきた人とコミュニケーションを取ったりとか。わたし、国際センターでボランティアをしていたんですけど、そこにはネパールやモンゴル出身の東北大や東北学院大の留学生とか来てるし、マレーシアやブラジルからも、いっぱい。そこで話していると『わたしの国、ふつうに小学校から英語を勉強するよ』とか言われて『もう、ぜんぜん違うなぁ』と思います。仙台の街を一緒に歩いていても、見ているところも全然違う。違うことは面白いなと思います」

「国際センター」とは、1990(平成2)年に仙台市内に設立された、財団法人仙台国際交流協会の本拠地のこと。仙台に暮らす留学生たちの支援施設だ。太田さんがここに関わるようになったきっかけは、旧ソ連のベラルーシ共和国に行ったことからだという。

「去年の夏に10日間行きました。仙台市内に住む高校生か、仙台市の高校に通う高校生が行ける仙台国際姉妹都市の交流事業で。締め切り3日前に学校のほかのクラスの掲示板で見つけて『こんなきれいな都市を見に行かなきゃ、なんか損だ!』って(笑)。このツアーでお世話になったのが、仙台国際センターだったんです。仙台の高校に来て、なんとなく高校生活も終わるんだろうなって思っていた自分には、国際センターは衝撃でした。いろんな国の人が家族と一緒に歩いてたり、話してたり。仙台に、直接海外とつながれる場所があるって、知らなかった。『国際センター祭り』っていうイベントで、写真撮影をするボランティアをしました。カメラを向けるとみんな笑顔。ほんと、楽しいボランティアでした」

さきほど太田さんは「違うことは面白い」と言いました。自分と人が違うことが、大変だったり、面倒くさかったり、しんどかったりはしないんですか?

「しないです。話聞くだけで面白いです。違う人たちの中に入っていても、何もしんどくないです。だから、国際センターとか、もう大好きです。え? 思わないですか、面白いって? だから、学校で浮くんですかね(笑)。『何で佳奈ちゃんは、そんなにいろんな国に行きたがるの?』って言われるんですよ。ああ、だからか……。気づきませんでした(笑)」

さて太田さん、高校卒業後はどうしますか。仙台を出ますか。仙台は他の被災地に比べれば、六大学野球リーグ(東北大、宮城教育大、東北福祉大、東北学院大、東北工業大、仙台大)ができるほど大学がありますし、宮城学院女子大、仙台白百合女子大もありますが。

「わたし的には物足りないなぁ、みたいに思っちゃうんですよ」

太田さんは取材時にはそう言っていた。年が明けてから「その後、行ってみたい大学ができましたか」とメールを送ってみた。

「(この連載)記事を読んでると、みんなハッキリしているなって思うんですけど、うちの学校は『行けるとこでいいやー』ってところがあって、悩んでる自分がおかしいって見られるんですよ。でも、『TOMODACHI〜』の側に行くと、『悩みなよ! 相談なら乗るからさ!』ってかんじで、意識に差がある。上京もしたいんですが、留学もしたいので、現在の時点では、地元の大学行って、バイトしてお金ためよう!というかんじです。仙台は国際センターもあるし、姉妹都市交流事業が盛んという点もありますし。ただ、女子校だけはもう勘弁なので、それ以外で(笑)」

メールには、青年海外協力隊をはじめとする太田さんの「やりたいリスト」も添付されていた。おや、と思ったのは、その末尾に「言いそびれてしまいましたが、実は、前からアメリカでテレビの仕事とか映画関係とか、興味があるんですけど」と書いてあったことだ。そういえば、取材時に3人の高校生が海外ドラマの話で盛り上がっていたことを思い出す。

次に登場するのは、その映像の世界で仕事をしてみたいと考え、いや、すでに第一歩を踏み出した高校生だ。

■「すてきな話じゃなくても、だいじょうぶですか?」

三品万麻紗(みしな・まあさ)さんは宮城県多賀城高等学校普通科1年生。まず、被災時の状況を聞こう。

「うちは東北電力の社宅で、ちょっと傾いて、ひび割れとかすごかったりして。うちは4階だったんで家自体は大丈夫だったんですけど、1階まで津波来ちゃって、車とか自転車とか倉庫はぜんぶ駄目でした。高台の小学校に避難して、4日ぐらい教室で過ごしました。近くでガス爆発があって、3日目くらいに『もうひとつのタンクが爆発したら、ここは危険です。避難は自己判断で』と言われて、仙台の叔父の家に避難しました」

東北電力にお勤めのお父さん、震災後はたいへんだったのでは。

「地震直後からすぐにずっと仕事でした。地震後、私は叔父の家にいたので、お父さんとは、ほとんど1カ月一緒に住んでいませんでした。でも、食糧やホッカイロなどを持ってきてくれて、震災を通して、お父さんのあったかい面を見れたのが本当に嬉しかったです」

ここからは、三品さんの未来の話を聞く。三品さんは将来何屋になりたいですか。

「わたし、中2の頃からずっと、映画か、ドラマか、テレビ番組の制作に携わるプロデューサーになりたいと思ってて。まずは日本で、ドキュメンタリーやバラエティをやってみたいんですけど、もし行けるんだったら、ハリウッドとかでも勉強したいなって思ってます」

きっかけは何ですか。

「すてきな話じゃなくてもだいじょうぶですか? わたしのお父さん、転勤がすごい多くて。ぜんぶ宮城県内なんですけど、生まれてから6回くらい引っ越してるんです。小学校3つと中学校2つ。いい迷惑ですよ、本当に(笑)。転校するたびに、結構いじめとか多くて。そのなかで、自分で探した楽しみがテレビで、わたし、すごいテレビっ子なんです。お母さんが『日本のドラマはもうわかっちゃうからつまらない』とか言って、ひたすら私に洋画を薦める人で。その影響も受けて。そのあと、日本のドラマもたくさん観るようになって。それで、友だちが……すごいマニアックな話になってもだいじょうぶですか?」

はい、だいじょうぶです。

「小学校で唯一の友だちが、松本潤を好きになり始めて(笑)。その友だちにむりやり薦められて、『花より男子ファイナル』っていう映画を観に行って、『あっ、これは面白い』って。サウンドトラックもすごくきれいだったし、映像もきれいだし、ストーリーも面白くて。そこから『花より男子』っていう作品にハマっちゃって。今、唯一わたしの家にあるDVDボックスが『花より男子ファイナル』なんです。その中にあったメイキングを観たときに、なんかピピッと来て、『あっ、こういう仕事やりたい』って思って」

そのメイキングの中には、プロデューサーも登場している?

「登場しました。撮影の様子とか、監督と俳優さんが絡んでるい場面とか、オフショットがいっぱい入っていて。それが面白くて。そのころも結構いじめとか受けてて、自殺も考えたこともあって。でも、『ドラマ観なきゃ』みたいな(笑)」

いじめと「ドラマ観なきゃ」は、どのようにつながるのですか。

「ディレクターが番組の中でいじられてるのとか観て、『ああ、わたしもこういうふうにいじられたい』みたいな夢が(笑)。わたし、妄想することとか、いろんなアイディア出すの大好きなんです。その夢ができたことによって——自殺とかを考えてるよりも、生きていこうって思ったんです」

好きなプロデューサーや映画監督はいますか。

「今、河瀬直美さんに興味津々です」

「花より男子」から河瀬直美に話が飛んだときは驚いた。1997年、処女作『萌の朱雀』でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞し、2007年には『殯(もがり)の森』で同映画祭グランプリを受賞。根拠地である奈良で「なら国際映画祭」の運営にも携わる映像作家だ。三品さん、どこで河瀬直美を知りましたか。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)