ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの? 日産自動車(7201)の過去チャートで検証するのだの巻

ストキャスティクス編の最終回は、これまで語ってこなかった「SlowとFastの違い」についてお勉強。実はストキャスティクスは反応の速さが違う2つのタイプがあるのだ。それがSlowとFastというわけだが、さて、それをどう使い分ければいいのか? ハラダ「どうしたらいいの? ボクも迷っちゃう〜」。キモいからやめて。だいたいボクって面かよ。

<チャートの愚かモノの過去記事だぜ←偉そうに>

祝:日経平均1万円突破!……はいいんだけど、ストキャスティクスの弱気サインはどうなった?の巻

祝!日経平均が9700円台を回復! ストキャスティクスで買いチャンスを調べるぜ!

株価ダダ下がりのシャープ(6753)が底打ち? この春に上場したアノ銘柄がチャンスかもよ!

登場人物

福永博之さん

テクニカル分析の第一人者。さまざまな投資情報を提供するサイト「アイトラスト」を運営するインベストラスト代表取締役でもある。『めちゃくちゃ売れてるマネー誌 ZAiが作った「株」チャートらくらく航海術』『FX一目均衡表ベーシックマスターブック』(弊社刊)など著作多数。インベストラストが提供するアイチャートでもストキャスティクスが表示可能。通常の売買シグナルよりも早く投資タイミングを知らせてくれる注意喚起シグナルという便利な機能まで備えている。

ハラダ

チャートの(チャートも)愚かモノ。株など投資関連の編集に携わって10数年だが損してばかり。今回もストキャスのサインを見誤り、新年を迎えても上昇を継続している日本株に乗り遅れた。「ああ、あの時、買っていれば今頃大金持ちになったのに〜。ぐやじー!」 でも、お前さんのことだから、たぶん途中で迷って大した儲けもなしに手放したかもよ

ストキャスティクスで使う線は2本? 3本?

 センセイ、話がややこしくなったら困ると思って、実はずっと質問するのを遠慮していたことがあるんですけど……。

 あらら、愚かモノさんが気を遣うなんて、ヒジョーに珍しいですね。明日の天気は大丈夫かなあ〜。

 オレ様は日頃から気を遣いまくりよ〜ん! で、今さらだけど、センセイ、第25回(祝!日経平均が9700円台を回復! ストキャスティクスで買いチャンスを調べるぜ!の巻)で、ストキャスに使う線を%Kと%Dといっていたけど、よく調べたらもう1本あるんだよね、S%Dって線が。あれ? ストキャスで用いる線は2本じゃなかったっけ? 

 なるほど、そのことですか。でも、実際に分析に用いるのはそのうちの2本です。

 なら、なんで3本もあるワケ? ひょっとして、オレを惑わせようとしてワザとややこしくしているんじゃないでしょーね?

 実はストキャスティクスには2種類、FastとSlowがあるんですよ。下のチャートのように、%Kと%Dという2本のラインを用いるのが前者(Fast)で、%DとS%Dの2本を用いるのが後者(Slow)です。

 ふーん、%Dはどっちにも使うってことか。それで、SlowとFastは何が違うんですの?

 その説明をする前に、S%Dの計算式について言っておきましょう。25回でも申し上げましたが、%Kと%Dの計算式は下記になります。

 %K=(その日の終値−過去9日間での最高値)÷ (過去9日間における最高値−過去9日間での最安値)

 %D=(その日の終値−過去9日間での最安値)の過去3日間の合計値 ÷ (過去9日間での最高値−過去9日間での最安値)過去3日間の合計値

 その形式でいえば、S%Dの計算式は次のようになります。

 S%D=%Dの3日間の移動平均

 ほほー。以前、センセイは「%Dは%Kの過去3日間の傾向を示した移動平均線」って言ったよね。その%Dの移動平均がS%Dてことは、S%Dは移動平均の移動平均かあ。で、そのS%Dを使うSlowと、使わないFastとではどう違うの?

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)