2012年にアパート経営のおかげで沖縄移住を果たした元U23ラクビー日本代表の福永昇三さん(左)とハワイ移住を考えるレッド吉田さん(右) 撮影/和田佳久

写真拡大

新米大家のレッド吉田さんが、全国の先輩大家さんから「不動産投資で成功するための極意」を学ぶ新連載がスタート! 初回の対談相手はU23ラグビー日本代表で都内の大学でラグビーコーチを務めながら、沖縄移住を果たした「ラグビー大家」こと福永昇三さん。今回はその2回目。

[参考記事]
●「『金持ち父さん』を読んで、外車の代わりに不動産を買った!」vs ラクビー大家・福永昇三さん(1)


●“大家芸人”を襲名!? 芸人がアパート経営を始めたら…(TIMレッド吉田さん)
●元U23日本代表 ラグビー大家さんが提言「スポーツ選手こそ資産運用を考えよう!」(ラグビー大家こと 福永昇三さん)

沖縄に住んで東京で働くという生き方

レッド吉田さん(以下 レッド) 福永さん、2012年のゴールデンウィークに、東京から沖縄に移住されたそうですね。思い切りましたよね〜。人生のゴールを決めたって感じですか?

福永昇三さん(以下 福永) いえいえ、沖縄はゴールじゃなくて、スタート地点です。何の保障もありませんがこの地で新しい挑戦をしています。将来的には、ハワイとニュージーランドにも住みたいと考えていますから。現役を引退したときも、「今、やりたいことは何だろう?」と考えて、家族で2ヶ月間、ハワイに滞在しました。そのままハワイ大学に入学したかったんですが、ビザの問題でそれは断念しました。

レッド ハワイ、いいですね〜。実は、僕のゴールも奥さんとハワイに住むことなんです! 沖縄も考えたんですが、なんだか僕、サンシン(三線)の音色を聞くと寂しくなっちゃうんです。

福永 ハハハ。でも僕の住んでいる街は、東京や大阪からの移住組が多い地域で、すごくにぎやか。生活するのに便利で、海もめちゃめちゃ近いというエリアなんです。

レッド いいですね〜。でも、沖縄と東京を行ったり来たりする生活は、体力的に大変じゃないですか?

福永 そんなことないですよ。東京ではホテル暮らしですから、自分のペースで時間を効率よく使えます。それに、コーチ業の方も、以前より集中して指導できるようになりました。今日中にココは絶対に教えなきゃ、っていう危機感があるので、本気になれるんですよ。

レッド 東京で仕事があるのに沖縄に移住するって、あまりにも思い切った決断ですよね。職場の人には何か言われませんでしたか?

福永 実は、コーチの仕事は諦める覚悟で、沖縄移住のことを話しました。そうしたら、沖縄に住みながら続ければいいと言われて、本当にありがたかったです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)