新婚旅行に多い失敗談

写真拡大

行く前は楽しさと期待で気持ちが高ぶっていたとしても、いざ新婚旅行に出かけると、予想もしていなかったトラブルが発生してしまうこともあるものです。

今回はいわゆる『ベタ』な失敗例だけれども、絶対に体験したくない新婚旅行の失敗談をいくつかご紹介します。

■明日帰国なのにパスポートが見当たらない映画のワンシーンなどではありがちなシチュエーションですが、実際に自分の身に起こってしまう可能性もゼロではないのです。

パスポートは国外で自分を証明するために欠かせないものでもありますから、これがなくなると大変なことになります。

紛失か盗難かわからないという場合でも、再交付をしなければ身動きが取れません。

帰国直前に気づいたということであれば当然間に合わず、数日間は手続きのため現地待機を余儀なくされることになります。

海外では現金よりも大事になりますから、くれぐれも取り扱いは慎重に。

■財布が見当たらない先のパスポートと一部かぶりますが、国外の場合は盗難の可能性が高いといえます。

普段使っている定期券やお店のポイントカードなどは新婚旅行では必要ありませんから、なくなって困るものは家に置いていくようにしましょう。

お財布自体、安いものを購入して持って行くというのも手です。

パートナーがいればお金に関してすぐに困るということはないでしょうが、クレジットカードなどが入っている場合は、不正使用の危険性もあります。

すぐにカード会社に連絡をしておくようにしましょう。

■道に迷った、集合時間に間に合わない見知らぬ土地で迷子になってしまうと大変なものです。

さらに言葉が通じないと、タクシーを使って強引にホテルまで戻る・・・といった最終手段を使う羽目にもなります。

ツアーの場合は集合時間に間に合わずに、他のお客さんに迷惑がかかることも・・・。

目印になる建物などをしっかりと頭に入れておくことが大切です。

■体調が悪い旅行ぎりぎりまで仕事が忙しく、そのまま挙式、披露宴、新婚旅行となると疲労が蓄積されている可能性もあり、体調を崩しやすくなります。

せっかくの旅行中、終日ホテルで休むことにならないように、体調を整えておくことが大切です。

栄養補給のためのドリンク剤なども役に立つでしょう。

普段なら起こるはずのない大失敗も、こんなときだからこそ起きやすいものです。

これから新婚旅行に行くという方はいつも以上に慎重な行動をとり、後悔しない旅を楽しんでくださいね。