ニコミュ「千本桜」の初音ミク役にAKB48石田晴香が決定、「千本桜」「ニコニコミュージカル」とは何か

写真拡大

ドワンゴは10日、東京・六本木ニコファーレにてニコニコミュージカル「千本桜」のキャスト発表・記者会見を開催した。

会見では初音未来(初音ミク)役にAKB48の石田晴香が決定したことが発表され、主演となる慍山づ楊鬚硫弾O村ら主要キャスト5名が登壇し、意気込みなどを語った。

そもそも「千本桜」とは、そしてニコニコミュージカルとは何かというところから解説しよう。

「千本桜」は2011年9月17日にニコニコ動画に投稿された黒うさPによるボーカロイド曲。

和風ロック調の楽曲とキャッチーなメロディー、さらに動画製作者として名高い三重の人によるハイクオリティなPVが相乗効果を生み、投稿からわずか1カ月強で100万再生を突破した大人気楽曲である。

投稿から1年4カ月経った現在、再生数は500万弱まで伸びており、これは数あるボカロ曲の中でもトップクラスの人気と勢いだ。

また、現実世界でもカラオケランキングの上位に入っており、ゲーム等にも収録。

さらに「千本桜」を親作品にした二次創作動画はニコニコ動画全体で8,000件以上にのぼるほどである(千本桜 黒うさP で検索した場合)。

対する「ニコニコミュージカル」は、ドワンゴが主催するミュージカルを指す。

もともと「ミュージカル・テニスの王子様」などの作品を手がけてきたプロデューサー・片岡義朗氏が総合プロデュースを担当しており、劇場はもちろん、ニコニコ生放送でもチケットを購入すれば見ることができるのが特徴だ。

ネットチケットは閲覧数に上限がないため、結果的に会場チケットの価格を普通の舞台よりも低価格にしやすいというメリットがある。

2010年12月から現在に至るまで多数の舞台が行われており、基本的には何かしらの形でニコニコ動画が絡んだ作品が多い。

例えば第2回作品「ニコニコ東方見聞録」は、メインキャストの多くにニコニコ動画の著名ユーザー(つまり”素人”だ)が抜てきされていて、内容も内輪ネタ満載のニコニコユーザー向け舞台であった。

また「ココロ」や「カンタレラ」といった作品は、今回の「千本桜」と同じく同名の人気ボカロ曲をモチーフにしたミュージカルである(ちなみに「カンタレラ」は「千本桜」と同じ黒うさPの作品である)。

そして今回発表されたニコミュ最新作「千本桜」。

主人公となる慍山づ楊鬚鵬弾O村が決定していたこと以外はすべてが謎に包まれていたのだが、この日の会見で、初音未来(初音ミク)役にAKB48の石田晴香、鏡音鈴(鏡音リン)役にAKB48市川美織、鏡音錬(鏡音レン)役に舞台俳優の鳥越裕貴、巡音流歌(巡音ルカ)役にグラビアアイドルの富田麻帆、朱音鳴子(MEIKO)役に中野風女シスターズの長谷川愛が抜てきされたことが発表となった。

また、高崎翔太、湯澤幸一郎、小林健一、岸祐二といった実力派たちも出演する。

この日は、長谷川愛以外の5名がニコファーレに登壇した。

慍山づ佑魃蕕犬覯弾は、今の心境について「珍しく心臓がバクバクしています。

キャラクターありきのものなので、慍山づ佑肪僂犬覆い茲Δんばりたい。

生身の人間が演じるからこそ見られる表情や感情を僕自身も楽しみにしているし、お客さんにも楽しみにしてもらいたい」と意気込みを語り、「今年は個人的にいろいろなことを知ろうと思っています。

『千本桜』を通して出会えたことを大事にして、より深い世界を探っていこうと思います。

見に来てくれた人に感動を、元気を与えられたら」と生放送の視聴者に呼びかけていた。

一方、初音未来を演じる石田晴香は大のニコニコ動画好きとしても知られており、かつてはニコニコ生放送で冠番組を持っていた実績も持っている。

そんな石田は今回の抜てきについて、「もともと原曲が本当に大好きです。