元カレに未練がある女性の行動とは? - 「電話をワン切り」「SNSで追跡」

写真拡大

別れても、忘れられない元カレ……。

なんとか復縁できないかと考えたり、連絡を取りたい衝動に駆られたり。

そんな、元カレへの未練をいつまでも引きずっている人はいないだろうか。

今回はマイナビニュース会員のうち独身女性300名に、未練がましい行動をとってしまった経験があるか聞いてみた。

>>男性編も見るQ.フラれた後や恋人と別れた後、自分でも未練がましいと思う行動をとってしまったことはありますか?はい 28.7%いいえ 71.3%Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)それはどんな行動でしたか?■SNSやブログで行動チェック・「Twitterで追跡してしまっていたことがある」(23歳女性/学校・教育関連/専門職)・「mixiで元カレの動きを毎回みていました」(25歳女性/医療・福祉/事務系専門職)・「Facebookやブログで検索してしまう」(28歳女性/建設・土木/秘書・アシスタント職)・「Facebookのページを見たり、スカイプで彼がログインしているかどうか見てみたり」(29歳女性/電機/書・アシスタント職)■メールや電話・「電話をワン切りでかけてしまった」(21歳女性/医療・福祉/専門職)・「強引に友達に戻って、頻繁に連絡を取った」(25歳女性/電機/技術職)・「連絡先をずっと消さず、こちらからもメールしてしまう」(28歳女性/医療・福祉/専門職)・「相手から全く連絡が来なくなってしまい、心配してメールや電話を何度もしてしまった」(23歳女性/医療・福祉/専門職)■思い出の品が捨てられない・「もらった指輪を無駄につけて歩く」(25歳女性/情報・IT/営業職)・「プリクラなどを捨てられず、メールチェックもしてしまう」(24歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)■彼の影を追って・「思い出の場所に行く」(28歳女性/電機/事務系専門職)・「彼のいそうな場所を眺める」(26歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)■存在をアピール・「毎日自分の存在を遠くからアピールした」(30歳女性/機械・精密機器/技術職)・「すれ違うことが少しでも多くなるよう動き回る」(23歳女性/食品・飲料/事務系専門職)■戻りたくて……再度の告白・「ヨリを戻したいと言ってしまった」(25歳女性/その他/その他)・「ずっと好きでいて、彼女がいるのに告白した」(27歳女性/情報・IT/技術職)■その他・「年賀状を出した」(26歳女性/機械・精密機器/技術職)・「共通の友人にその後の彼の状況を詳しく聞きまくった」(24歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/技術職)・「2番でもいいから別れないでーー!とか言ってしまった」(31歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)・「新幹線に乗って彼の地元に会いに行きましたが、突然すぎたのか引かれたのか、会ってもらえませんでした」(28歳女性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)■総評「未練がましい行動をとってしまった」経験があると答えた独身女性は28.7%で、男性編よりやや多い結果に。

女性たちが思わずとってしまった未練タラタラな行動とは、一体どのようなものだろう。

最も多かったのは「ブログやSNSで行動をチェックしてしまう」ことだった。

元カレの動向が別れた後も分かる上、連絡も取りやすく便利な反面、ログインしているかどうかが終始気になったり交友関係にヤキモキしたりと、気になりすぎて逆に煩わしく感じることもあるようだ。

次に多かったのは「電話やメールによる行動」で、酔った勢いや、無理やり用事を作って電話をかけたり、誕生日などのタイミングにメールを送ったりするという人が多かった。

なかには、メールや電話を毎日してしまったという人や、未練タラタラなメールを送ってしまったという後悔の声も。

毎日メールを送られた方は、どう感じていただろうか……。

他には、彼と一緒に行った思い出の場所が忘れられない、プレゼントや写真が捨てられない、存在を忘れてほしくなくて積極的にアプローチを続ける、思いが強すぎて「ストーカーしかけた」という人までいた。

未練がましいのは分かっている……けど、簡単には割り切れないのが恋愛なのだ。

調査時期: 2012年12月14日〜2012年12月16日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 女性300名調査方法: インターネットログイン式アンケート