自己分析とともに「各社のビジネスの違い」を理解しておきたい

写真拡大

2013年春に卒業予定を対象とした「就職希望企業ランキング」(日本経済新聞調べ)によると、第1位は日本生命が獲得したという。第5位にも第一生命が入っており、生命保険会社の意外な強さが目を引く。

生保会社の保険料等収入(売り上げ、2012年3月期)は、上位会社では圧倒的な金額となる。かんぽ生命の6兆8564億円を筆頭に、日本生命の5兆3682億円、明治安田生命の5兆1840億円、第一生命の3兆560億円など、いずれも数兆円レベル。安定性を求める学生の人気を集めるのも理解できる。

実は「遺産」頼り? 新興勢力に押される「新契約件数」

これだけ見ると、「就職先には大手生保」が当然と思われるが、業界関係者によると「手放しでは勧められない」事情もあるようだ。

保険商品の「新契約実績ランキング」(2012年度決算、保険研究所調べ)によると、個人保険全体の件数では、かんぽ生命と、外資のアフラック、メットライフアリコがトップ3。近年伸びを見せている「医療保険」と「がん保険」では、アフラック、メットライフアリコ、オリックス生命の順となっている。

ここには、かんぽ生命以外の前述した大手生保の名前が出てこない。その理由は、保有契約と新契約の違いにある。大手生保は、過去に獲得した契約(保有契約)が莫大で、現状ではそこからの利益を多く生み出している状態だ。

しかし、営業社員制度を採用する大手では、高コスト体質になっているため、当然ながら保険料を割高にせざるを得ない。営業社員の数を減らしつつあるものの、会社全体の体質を変えるには時間がかかりそうだ。

このため、ファイナンシャルプランナーが寄稿するマネー誌などの保険商品ランキングには、最近は大手の商品がほとんど入らず、「入ってはいけない商品」として取り上げられることも多い。「新契約の商品が割高であることを隠すために、特約などの保障を盛った商品もある」という指摘もある。

一方、新契約が好調な会社は、商品力が顧客に支持されている。保障内容が合理的で、商品構成がシンプルで分かりやすい点も人気だ。ネット通販や出来高制の代理店、銀行などの販売チャネルを持っているところは、固定費を抑制することができ、それが商品力にもつながる好循環になっている。

「ビジネスのしくみの違い」を理解することが重要

ある新興生保の関係者は、大手生保が提供する商品の限界を指摘する。

「お客さまには、複数会社の商品をニーズに応じて組み合わせることが望ましいはずです。しかし大手の営業社員は、自社の商品しか販売できない。これでは、お客さまのためにならないのではないでしょうか」

とはいえ就職先として、新興生保が大手生保より勝っているかというと、そこまでは言えないだろう。新興生保は貯蓄性商品の多い大手に比べると、割安な保障性商品が多いこともあり、1件あたりの売り上げは小さく、現状では新規獲得コストが利益を圧迫している面もある。

保険料等収入も、大手生保には遠く及ばない。アフラックは1兆7535億円、メットライフアリコは1兆5721億円。国内独立系で新契約件数トップのオリックス生命でも1181億円にとどまっている。

結論としては、「保険に入るなら新契約の多い新興生保、就職するなら大手生保」ということになるだろうか。ただし、大手が過去の「遺産」に頼っていることに不安を感じたり、過去のしがらみの多い企業体質が合わない人もいるかもしれない。

一方、売り上げは小さくても、顧客に喜ばれる商品開発をしたいとか、新しい挑戦をしたい人にとっては、新興生保の方が合っている可能性もある。いずれの場合でも、自分の性格とともに、各社のビジネスのしくみの違いを理解しておかないと、入社してみて「想像とぜんぜん違った」とガッカリすることになりかねない。