キリン、2層に分かれたビアカクテル「一番搾り ツートン<生>」

写真拡大

キリンビールは「キリン一番搾り生ビール」から、新しいビールの楽しみ方の提案として、2層に分かれたビアカクテル「一番搾り ツートン<生>」を、3月から全国で展開する。

同商品はビールと割り材が2層に分かれた、新しいビアカクテル。

リキュールやジュースなどの割り材を入れたグラスの上に、同社が独自に開発した「ツートンメーカー」(特許出願中)をセットし、一番搾り生ビールを注ぐと簡単に、2層のビアカクテルをつくることができる。

また、割り材を好みでカスタマイズすれば、自分だけのオリジナルビアカクテルが楽しめるという。

同商品は業務用市場で2月から先行して展開。

全国の飲食店4,500店を年間目標に順次展開していく。

家庭用には3月27日から、「一番搾り おうちでツートン<生>セット」を予約受注にて販売する。

広告では、テレビCMを中心に雑誌やインターネットなどでイチローさんや蒼井優さんが登場する。

家庭用の「一番搾り おうちでツートン<生>セット」は、「キリン一番搾り生ビール(350ml)」3缶、「一番搾り スタウト(350ml)」1缶、「トロピカーナ100%ジュース」3本、オリジナルグラス1個、ツートンメーカー1個、マドラー1本、オリジナルレシピ1冊付。