養命酒製造が「冷え性」&「恋愛冷え症」女子について調査

写真拡大

養命酒製造は、20代から50代の女性1,000名を対象に、冷え症女子の意識や実態を明らかにする「冷え症に関する実態調査」を実施した。

調査期間は12月14日から12月17日。

さまざまな体の不調について、この冬感じることがあるか、頻度で聞いてみたところ、「冷え症」では77.6%が「ある」(「毎日(29.0%)」、「よくある(26.0%)」、「たまにある(22.6%)」の合計)と答えた。

年代別で比較すると、「冷え症」「無気力」「朝起きられない」では、年代が低くなるにつれて「ある」という割合が高くなる傾向が見られ、20代では、「冷え症」が82.8%、「無気力」が81.2%、「朝起きられない」が83.2%と、冬の不調の実態が浮き彫りになっている。

さらに、体の冷えにとどまらず、心の冷えの実態も聞いてみたところ、「恋愛冷え症」(恋愛や夫婦愛から遠ざかり、恋愛や夫婦愛への興味・関心が希薄になった状態)については「ある(57.2%)」が「ない(42.8%)」を上回った。

特に40代では恋愛・夫婦愛の冷えが深刻で、「ある」が64.8%と、3人に2人が恋愛・夫婦愛冷え症に陥っているという結果となっている。

「冷え」をつらく感じるシーン・場所について聞いたところ、「冷えをつらく感じる部位がある」の割合が最も多かったのは「就寝時(89.3%)」。

以下、「炊事洗濯(87.2%)」、「電車待ち・バス待ち(82.4%)」、「帰宅直後の部屋(77.0%)」、「寝起き(73.3%)」、「自家用車内(69.8%)」と続いた。

さらに、「就寝時」に冷えを最もつらく感じる体の部位は、「足(73.4%)」が圧倒的に多い結果となっている。

「『抱き枕』になって、寒い夜、就寝前の冷えきった手足も心も温めてほしいと思う男性タレント」を自由回答形式で聞いたところ、「向井理さん(10.0%)」が最も多かった。

以下、「福山雅治さん(9.2%)」、「木村拓哉さん(SMAP)(3.5%)」、「櫻井翔さん(嵐)(2.5%)」、「松本潤さん(嵐)(2.0%)」と続いている。

詳細な結果は、同社公式ホームページで見ることができる。