茨城県・大洗水族館で、野生のイルカに会いに行く企画展など開催

写真拡大

茨城県東茨城郡大洗町の「アクアワールド茨城県大洗水族館」は、イルカとクジラの魅力に迫る企画展「クジラいるか? 〜来て・見て・感じる鯨類の魅力〜」を、1月19日から5月7日まで開催する。

同企画では、クジラ・イルカの生態や進化、水族館での暮らしなどを解説。

ハンドサインに反応してイルカたちがトリックを披露する「体験 イルカトレーナー」や、実物大のザトウクジラに会える次世代CG映像も登場する。

また、企画展に合わせ、トレーナーの話を聞きながらガラス面までやってきたイルカを間近で観察できるプログラム「イルカとあそぼう」を開催。

期間中、毎週土曜日に1日2回(10時40分から、13時10分から)、同館2階アクアホールで実施する。

さらに、3月17日と4月14日には、銚子沖に生息する野生のイルカたちに、船に乗って会いに行くプログラム「野生のスナメリに会いにいこう」も開催。

1日2回(9時30分から、11時30分から)実施され、所要時間はそれぞれ1時間30分程度とのこと。

参加費は大人1,500円、小中学生500円、幼児(3歳未満は参加不可)無料。

なお、往復はがきによる事前応募制で、締め切りは実施日の2週間前(消印有効)となる。

詳細は同水族館公式ホームページを参照のこと。