手づくりパンも楽しめる(写真は、「NP‐GF05型」色はステンレスブラウン)

写真拡大

象印マホービンは、おいしくて栄養価の高い「金芽米」専用メニューを業界で初めて搭載、また従来どおりのおいしいごはんが炊ける基本機能に加えて、手づくりパンが楽しめる「パン(発酵・焼き)」メニューや、消費電力を抑える「エコ炊飯」メニューを搭載した小容量タイプのIH炊飯ジャー「極め炊き」(NP‐GF05型)と、マイコン炊飯ジャー「極め炊き」(NS‐LF05型)を、2013年1月21日に発売する。

手作りパンを作ることもできる

IH炊飯ジャー「極め炊き」(NP‐GF05型)と、マイコン炊飯ジャー「極め炊き」(NS‐LF05型)は、お茶碗一杯から3合までのごはんがおいしく炊ける小容量タイプ。

両機種ともに、おいしさと栄養価を両立したヘルシーなお米として注目されている「金芽米」専用メニューを搭載した。さらに、雑穀米や玄米といった栄養価の高いごはんを炊く健康米専用のメニューや、手づくりパンが楽しめる「パン(発酵・焼き)」メニュー、消費電力を抑えながら炊きあげる「エコ炊飯」メニュー、「おかゆ」メニューや無洗米を使うときの「無洗米」メニューなども搭載した。

希望小売価格は、IH炊飯ジャー「極め炊き」(NP‐GF05)が3万1500円。マイコン炊飯ジャー「極め炊き」(NS‐LF05)は、1万5750円。