イケア・ジャパン(株)では、東京電機大学、日本大学理工学部、芝浦工業大学の3大学との産学連携による「子ども室プロジェクト」に関する共同研究を2010年9月より推進しているが、このほど途中経過の報告会をこのほど東京電機大学・北千住新キャンパスにて開催した。
同研究は、子どもたちが落ち着ける子どものための空間の在り方を研究するもの。主な研究内容は、(1)日本における子ども室の誕生、(2)子ども室の現状を知るためのアンケート調査(中学生・高校生・大学生を対象)、(3)現在供給されている住まいの調査(建築家のデザインした住まい、ハウジングメーカーの提供する住まいについての調査)、(4)子ども室を含む住まい全体のなかにあるモノの調査、(5)子ども目線とおとな目線の子ども室制作ワークショップの5点。

同研究から見えたこととして、子ども室に対する考えやあり方は、時流との関係性が強く、現在はリビングにモノが圧倒的に多く集まっていることが確認できたとしている。また、大人の考える子ども室は、勉強ならびに就眠を中心に空間をつくる傾向が強く、勉強机と書棚、ベッドの3つの家具を窓際にコを描くように並べるパターンが多いが、一方の子どもは、三者三様で、自分の望むこと、例えばお友達や家族員と語るための大きな机を部屋の真ん中に配置するなど、個の要求に合わせた家具を無意識ながらも自身の身丈に合わせて配置をする、という特徴が見えてきた。
子ども室のスペースに関しては、広ければ良いというわけではなく、実験を行った際に使った6畳という部屋の大きさは、小学生低学年にとっては、体の大きさとの関係から落ちつききがなく、高学年になるにつれ、快適な空間スペースとなっていくということがわかった。さらに子ども自身が考えて作り上げた部屋と、親が与えた部屋における子どもの落ち着き度や集中力の違いなどを比較してみると、子どもは子ども自身が好んで作った部屋に滞在している時のほうが、落ち着き度や集中力が高まるとしている。