天気が悪いと頭が痛くなるのはなぜ?




晴れている日は気分が良く、体も軽いですよね。逆に、天気が悪い日は、古傷が痛む、頭が痛くなる、なんだか気持ちが落ち込むなど、体や心に不調があらわれる人も多いと思います。なぜ人は、天候によって気分や体調が左右されるのでしょうか。今回は、慶應義塾大学 医学部 神経内科 特任助教 舟久保恵美先生に、天気と体のかかわりについてうかがいました。



■天気で痛みが増す?



――「雨の日はなんとなくだるい」「低気圧になると頭痛がする」など、天気によって体調が変化することがありますが、なぜこのような症状がおこるのですか?



「ラットを使った実験を行ったところ、気圧や気温の変動による自律神経の乱れが、痛みを増幅させているという研究結果がでています。



例えば、気圧が下がると耳のなかにあるセンサー(内耳)がそれを感知して、自律神経のうち、体を活動的にする『交感神経』の活動を高めます。すると、神経伝達物質ノルアドレナリンが放出され、痛みを感じる神経などを刺激し、興奮させ痛みが起こるんです。



このように、天気によって起きたり、ひどくなったりする痛みを『天気痛』、気温や気圧、湿気などの変化が症状の変化の引き金になるものを『気象病』といいます」



――では、低気圧になると誰でも痛みを感じるのでしょうか?



「確かに健康な状態の人でも、気圧が下がれば刺激を受けます。しかし、普通の状態であれば、気圧が下がって痛みを伝える神経などが刺激されたとしても、痛みを感じることはほとんどありません。



しかし、古傷や神経痛、リウマチ、頭痛などの症状を持っているなど、あらかじめ損傷や炎症などが存在している場合は影響を受けてしまします」



――低気圧のときは、ぜんそくの発作などもよくでるという話を聞いたのですが本当ですか?



「ぜんそくは、短期間の間に急激に気温が低下したときや、季節の変わり目などに起こりやすいと言われています。



また、高気圧に覆われたときは、放射冷却で地上の冷たい空気が気管支を刺激するので、これからの季節、晴れているけれど放射冷却で冷え込んだ朝などは注意が必要ですね。



なお、発作の起こりやすい時間帯は、夜から明け方にかけて。夜になると『交感神経』よりも『副交感神経』の働きが強くなり、気管支がせまくなるからだと言われています」



■天気は夫婦ゲンカにも影響する!?



――このような症状に、季節差や地域差ありますか?



「春や秋など、気温や湿度、また気圧の変化が起こりやすい季節の変わり目にはとくに注意が必要です。



5月病も、環境の変化やストレスばかりが原因ではなく、こういった気象の変化も関係していて、心にも体にも不調を感じていると考えられます。



また、地域としては、気象の変化が激しいところですね。最初に説明した気圧と自律神経の話に戻りますが、実は、低気圧などが原因でおこる刺激は変化が起こったときだけなんです。



ずっと、同じ気圧の状態にあれば、徐々に体は適応していきます。ですから、季節でも地域でも、一番問題となるのは気象の変化となります」



――「天気痛」が出やすい、「気象病」になりやすいのはどのようなタイプでしょうか?



「一番は、やはりもともと痛みをもっている人。また、性格的には、真面目だったり、神経質な人は影響を受けやすいそうです」



――お話をきくと、やはり気象の変化は体にだけでなく、心にも大きな影響を与えているように思います。



「そうですね。例えば日照時間が短い地域は、自殺が多いという調査結果もありますし、また、2007年にはフェーン現象で日中の気温が急激に高くなるときに、夫婦げんかが起こりやすいという『夫婦げんか注意報』が出されて話題になりました」



■新幹線でのトンネル通過は台風レベル



――気温差や、湿度の変化は体感としてわかりますが、気圧の変化はあまり感じられないと思うのですが……。



「エレベーターに乗るだけでも、人によっては耳に水が入ったようになるほど、気圧の変化はあります。また、新幹線にのっていて、耳がおかしくなったり頭痛が起こったりしたことはありませんか?」



――片頭痛もちの母は、一緒に新幹線に乗ると頭が痛いとよく言っています。



「実は、私は新幹線に乗るとき気圧計を持っていくんです。それで計ってみると、トンネルに入る前と後では、20hPa(ヘクトパスカル)程度気圧が下がるんですよ」



――20hPaですか。うーん、ちょっとどのくらいか想像がつきません……。



「わかりやすく言えば、台風レベル! 窓側よりは通路側のほうがいいので、次に乗るときはぜひお母さまを通路側にしてあげてくださいね」



■天気予報を活用して健康的に過ごそう



――最後に、天候に左右されず、体や心を健康的に保つコツなどがありましたら教えてください。



「最近では、天気予報がとても詳しくなっています。ですから、まずは天気の変化にそなえることだと思います。また、年末年始にかけて長い休みに入る人もいると思いますが、今までの生活リズムを崩さないことが大事ですね。



特に、気圧の変化に対する予防としては、自律神経のバランスを整えることが大事なんです。例えば、片頭痛を持っている人は、週末などの休みに頭痛が起こることが多いのですが、これは、休みになって緊張がとれたり、朝いつもより長く寝てしまうことが原因と考えられます。



もし、どうしても寝たい場合は、短い昼寝などするようにして、なるべく決まった時間に起きるようにしてください。



そのほか、症状を改善する漢方などを利用する方法もあります。その場合は、副作用などのこともあるので、必ず医師に相談して処方してもらうようにしてくださいね」



気象と人間の関係には、このほかにも低気圧によって妊婦のおなかが張ったり、出産の件数が増えるなど、さまざまなことがあるそうです。



最近では、天気と健康の予報を見ることができるサイトもあるので、天気が悪くなるたびに憂うつになる人は、参考にしてはいかがでしょうか。



(OFFICE-SANGA 梅田丸子)