トヨタ「シャア専用オーリス」年内に商品化 - ジオニック社と”新会社”設立

写真拡大

トヨタマーケティングジャパンは9日、「シャア専用オーリス」商品化に向けた新プロジェクトとして、バーチャルカンパニー「ジオニックトヨタ」社の設立を発表した。

「シャア専用オーリス」は年内の発売を予定している。

トヨタは昨年8月にモデルチェンジした新型オーリスをベースに、アニメ『機動戦士ガンダム』とコラボしたコンセプトカー「シャア専用オーリスCONCEPT」を制作。

全国のイベントや展示会で披露してきた。

ガンダムファンを中心に多くの反響があり、「いつこのクルマが発売されるのか?」「どこで売っているのか?」などの声も寄せられたという。

こうした反響を受け、トヨタは「シャア専用オーリス」商品化の検討を決定。

これを受けてスタートする新プロジェクトでは、『機動戦士ガンダム』に登場するジオン公国の重機メーカー「ジオニック社」とトヨタが提携したという設定で、ウェブ上の仮想の企業として「ジオニックトヨタ」が設立された。

同社の専用ウェブサイトでは、プロジェクトに共感したユーザーを対象に、「社員募集」も行われる。

3月31日までに同サイトより社員に登録すると、特別ボーナスとして、「ホテルグランパシフィック LE DAIBA ROOM-G スペシャルタイプ」の宿泊券などがプレゼントされるという。

この専用ウェブサイトを通じて社員のアイデアや意見を収集し、今後のキャンペーン企画に反映するなど、双方向のコミュニケーションを展開していく。

「ジオニックトヨタ」社の設立が発表された9日には、東京・台場の「MEGA WEB」にて記者発表会も行われた。

会場では「シャア専用オーリスCONCEPT」を展示。

オープニングムービーのナレーションは永井一郎氏が担当した。

さらにジオン公国の総帥、ギレン・ザビの演説も中継され、「ジオニック社が誇るモビルスーツ開発技術と、トヨタ生産方式に代表されるトヨタの圧倒的な自動生産管理技術の融合は、必ずや我がジオン公国の『統合整備計画』に大いなる飛躍をもたらすものと、私は断言する!」と述べた。

トーク・セッションには、シャア・アズナブルの声優、池田秀一氏をはじめ、サンライズのプロデューサーである堀口滋氏、シャアのものまね芸人・ぬまっちさんらが登壇した。

シャアのコスチュームでさっそうと登場したぬまっちさんだが、今回ばかりは”ご本人”を前に緊張した様子。

「諸君! 庶民の車を商品化するために、あとひと息、諸君らの力を私に貸していただきたい……」と挨拶するも、会場は微妙な空気に。

だがその直後、池田氏が立ち上がり、「ジオニックトヨタの諸君! 諸君らに期待する」とシャアの声で呼びかけると、会場の空気が一変。

大きな拍手が起こった。