スカーレット・ヨハンソンの2度目の結婚は、当分なさそうだ。


スカーレットはUK版『ELLE』誌の最新インタビューで、次のように語っている。

「私は若くして結婚した。結婚生活は信じられないくらいロマンチックなものだったわ。実際のところ、既婚者でいる状態も気に入ってたの」と、スカーレット。「(だけど)パートナーといい関係でいるために結婚する必要はないわ。それとこれは別なのよ」。「再婚について考えたことはないわ。それって変かしら? 私が結婚について考えるのは誰かに『また結婚しますか?』と聞かれたときだけね」「私にとって結婚はそんなに重要なことじゃないの。すぐに子どもを持つつもりもないし、今はいい関係も築けているの。仕事も忙しいしね。何度も言うようだけど、結婚は今の私にとって重要なことじゃないのよ」

スカーレットがライアン・レイノルズと1年の交際を経て結婚したのは2008年のこと。だが2010年に別居し、離婚した。

昨年4月のフランス版『ELLE』誌にはライアンとの結婚は若すぎた、とも語っていたスカーレット。

「結婚式って、本当に大変なの。結婚は早すぎたのね。準備ができていなかった。愛する人に向かって両手を広げ、すべてを分かち合うと約束するのよ。恐ろしいわ」「2人の俳優が一緒にいるって、狂気の沙汰よ。お互いが成功したいっていう欲にかき立てられていた。それにエゴが強すぎたし、すれ違いや沈黙も多すぎたわ。何かを築き上げるって、本当に難しいのよ」。

前夫のライアンは昨年9月、ブレイク・ライヴリーと極秘結婚した。一方のスカーレットは現在、ジャーナリストのロマン・ドリアックと交際していると『People』誌が報じている。スカーレットとロマンは12月初めにも、ニューヨークでキスしているところを目撃されていた。

なぜかスカーレットと激似! 若き日のクリストファー・ウォーケン