トヨタ、北米国際自動車ショーにてレクサス新型スポーツセダン「IS」を発表

写真拡大

トヨタ自動車は10日、米国デトロイトで14日から27日の日程で開催される『2013年北米国際自動車ショー』(デトロイトモーターショー)において、レクサスの新型スポーツセダン「IS」を出展すると発表した。

出展に先立って外観が公表された「”F SPORT”」は、「IS250」「IS350」および新たに導入されるハイブリッドモデル「IS300h」の全3モデルに設定。

スポーティさを際立たせた専用の内外装デザインを採用したとのこと。

エクステリアは、レクサス独自のデザインアイコン「スピンドルグリル」や、ヘッドランプユニットから独立させてL字型を強調したクリアランスランプのほか、”F SPORT”専用の18インチアルミホイールなどを採用。

インテリアでは、”F SPORT”専用装備として、レクサス初の新工法を採用したスポーツシートを導入したほか、2シータースポーツ「レクサス LFA」の意匠・機構を受け継ぐ可動式のコンビネーションメーターを採用している。