グアムのケンタッキーフライドチキン、かなり地域色が濃いぞ!

写真拡大

海外のファストフード店では、その土地ならではのメニューが提供されていることがある。

中でも「これはすごい! 」と感心したのが、グアムのケンタッキーフライドチキンだ。

繁華街のあちこちで見かけ、ショッピングモールのフードコートにも入っている。

地元客でにぎわう「Guam Premier Outlets(グアム・プレミア・アウトレット)」にももちろんあった。

メニューには、「Local Favorites」として地元グアムのチャモロ料理を取り入れたオリジナルメニューの項目がある。

中でもイチ押しが、名物料理満載の「Fiesta Plate」($8.45)だ。

チャモロ料理の「チキンケラグエン」をトルティーヤで包んだラップサンド、レッドライス、フライドチキン2本、ビスケット、コールスローとなかなかのボリュームだ。

チキンケラグエンは、細切り肉をレモンジュースやココナッツ、唐辛子等で味付けしたもので、酸味のあるさっぱりした味わいのもの。

牛肉や魚貝類等いろいろな食材で作られるが、ここではもちろんチキンでつくられている。

レモンの酸味とスパイシーな味わいがあり、さっぱりしていて日本人の口にも合いそう。

レッドライスは、アチョーテの実の汁で炊いた真っ赤なごはんで、代表的なチャモロ料理の一つ。

インパクトのある色だが、味はほとんどなく、普通のごはんのような感覚で食べられる。

また、「いる? 」と聞かれて添えてもらったのがホットソース。

たっぷりくれるので「ケチャップみたいな感じかな」と思ってつけると、タバスコ並みの辛さだった。

せっかくなので、ドリンクはグアムで人気という「チャモロパンチ」(レギュラーサイズ$1.60を選択。

鮮やかな真っ赤な液体で、なかなか日本ではお目にかかれない。

味わいは、粉を溶かしてった懐かしの駄菓子のジュースのような……。

観光やショッピングがてら、手ごろな値段で気軽にローカルフードを食べられるのはうれしい。

グアム旅行の際は、ちょっとした空き時間にでもぜひ食べてみてほしい。