栃木県、那須どうぶつ王国でカピバラの赤ちゃんの展示がスタート

写真拡大

栃木県那須郡の「那須どうぶつ王国」は、2012年12月15日に誕生したカピバラの赤ちゃんを、1月12日の10時から一般公開する。

公開されるのは、オスの「あっくん」とメスの「メイちゃん」の間に生まれたオスの赤ちゃん。

1月4日の時点で、体重は2,500グラム程度、体長は30センチ程度だ。

展示場所は、王国タウン イベントハウス「どうぶつふれあいの森(屋内)」で、1日1回(11時45分から)「ミルクタイム」を見ることができるという。

また同園では、1月12日から2月24日まで、カピバラの赤ちゃんの名前を募集。

投稿された名前の中から候補を三つに絞り込み、一般客の投票にて名前を決定する。

さらに、名前が発表される3月16日には、ノミネートされた名前を応募した人を同園に無料で招待。

優秀賞に那須和牛詰め合わせが贈られるほか、副賞も用意しているとのこと。

なお、名前発表の日には、カピバラの仮装をして来園すると入国料が無料となる「カピバラ フェスティバル」も開催する。