増加する「住宅ローン返済困難者」に対応、『自己破産相談ネット』が開設

写真拡大

住宅ローン支援機構は10日、自己破産専門の相談ホームページ『自己破産相談ネット』を開設したと発表した。

同機構は、住宅ローンの返済、滞納、任意売却の相談を主として対応していたが、住宅ローン滞納者の自己破産相談が数多く、本格的に対応する。

「破産」というとイメージが悪く、支払いができない債務や住宅ローンを、他の借入をすることで先延ばしにしてしまうケースも多い。

また、夜逃げなど根本的な解決にならない手段をとる人もいる。

住宅ローン支援機構では、「自己破産という解決手段を適切に知ってもらうことで根本的な債務整理を行うことが必要で、多重債務者にとって自己破産という手段が非常に有効なケースも多い」としている。

「自己破産相談ネット」では自己破産の手続き方法、自己破産のデメリット、自己破産で可能となる事項、解決した顧客事例などを掲載している。