スーツ着用ツーキニスト向け小径折りたたみ自転車の新色を発売 - ビーズ

写真拡大

ビーズはこのほど、同社自転車ブランド「ドッペルギャンガー」より、スーツ着用時の快適性を重視した小径折り畳み自転車の新色モデルを発売した。

同商品は、以前より販売されていた折り畳み自転車「FXシリーズ」の新機種「FX14 PALMENDIEB(パルメンディブ)」。

「X」を思わせる直線で構成された男性的なフレームが特徴で、多重塗装によるインディゴブルー(深いメタリックブルー)色を採用した。

車輪の中央に位置するパーツ「ハブ」や、ハブから伸びるスポークとリムの接合部分である「ニップル」にもブルーのアルマイト加工を施したという。

20型の小径折り畳み自転車でありながら、ホイールベース(前後タイヤの中心部の距離)を一般的なミニベロよりも長く設定することによって、走行時のふらつきを抑えた。

また「X」型のフレーム形状によりハンドル位置を高く設定することが可能となったという。

スポーツバイクにありがちな前傾姿勢ではなく、アップライトな姿勢で楽に乗車でき、スーツでの乗車時に感じられる肩周りの窮屈さも軽減されるため、通勤用に適しているとされる。

価格は3万7,600円。

詳細は「ドッペルギャンガーの商品ページ」で閲覧できる。