東京都港区で、国内外のやかん70点が大集合!粟辻早重氏の「やかん」展

写真拡大

ギャラリーMITATEならびに、ギャラリール・ベイン(東京都港区)は、人形作家である粟辻早重(あわつじさなえ)氏のコレクション「やかん」展を開催する。

粟辻早重氏は、日本を代表する人形作家だが、「やかん」のコレクターでもあるという。

同氏が集めた国内外のアンティークからモダンデザインのやかんは120点以上。

今回の「やかん展」は、その中から70点を抜粋し、「やかん」との出会いのエピソードとともに紹介する企画展となる。

1月19日には、「やかんと私 お話を聴く会」を15時〜16時30分に開催。

併設する茶房ori HIGASHIYAで、お茶と和菓子とともに粟辻早重氏の話を聴くイベントで、参加費は1,000円。

定員は7名であるため、予約が必要となる。

同茶房では、会期中「粟辻家の京都風お雑煮」を特別メニューとして提供する。

また、向かいのギャラリーMITATEでは、「買えるやかん」「デザインされたばかりのやかん」と、同展を記念して、粟辻早重氏の手仕事の作品として、エプロンの展示販売も行う。

これは、同氏の夫で故・粟辻博さんデザインの貴重なものとなる。

同展は、1月11日〜23日に開催。

月曜定休。

入場は無料。