突然の衆議院解散と自民党・安倍総裁の発言でみごとに?年末株高アノマリー〞を体現した日本株。為替の円安傾向を追い風に、2012年5月以来の「9200円の壁」を突破し、9600円も目前!久々の上げ潮ムードをキャッチする銘柄をどうぞ!!


オーデリックは家庭用照明器具の大手として知られる。省エネに役立つLED(発光ダイオード)に早くから力を入れてきたため、業績は急回復中。さらに、消費税率アップ前の駆け込み需要も、業績と株価を押し上げそうだ。この会社は8月と11月に業績予想を上方修正したが、年度内に3回目の上方修正の可能性がある。というのは、2回の業績修正はともに、家庭や企業の節電志向をキャッチしたLED照明の好調が要因だった。そして今度は、消費税率アップを特需要因として販売数量の拡大が期待できる状況になってきた。

消費税は2014年4月に8%、2015年10月に10%と2段階で上がる。住宅業界ではもう増税前の駆け込み受注が始まっている。照明器具や家具など住宅関連株は住宅メーカー株の後を追って上がるので、まず住宅株が上げ、その後にオーデリック株も一段高する公算が大きい。「住宅に駆け込み需要」の記事が買いサインか。

向後はるみの7日間で上がる株!+1

現在「WEBネットマネー」では、向後はるみが毎日1銘柄、“1週間で上がる株”というテーマで紹介中。その成績を誌面で公開します! さらに毎月1銘柄、“1カ月で上がる株”をガツンと掲載!!!


コレで上がります!!!
自民党財務金融部会の「小口金融市場に関する小委員会」が2012年5月、改正貸金業法の見直し、カウンセリング制度を強化する代わりに総量規制を撤廃することなどを盛り込んだ改正案を承認したことが注目材料。さらに、安倍政権下では、日銀への金融緩和圧力が高まりそうで、調達金利の低下が業績に寄与する公算が大です。

●こうご・はるみ
黒岩アセットマネジメント所属。値動きのいい中小型株の情報&分析に強い。テクニカルアナリストでもある。



この記事は「WEBネットマネー2013年2月号」に掲載されたものです。